プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cision

Cisionが2020年メディア状況リポートを発表、メディア産業の最新動向と課題が明らかに

AsiaNet 83797 (0648)

【香港2020年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*11年目を迎えた同リポートで、Cisionは過去最多の3200人超のジャーナリストを調査

Cisionは毎年恒例の2020 State of the Media Report(2020年メディア状況リポート)を発表した。11年目を迎えた同リポートはメディア産業が直面する最新の動向ならびに課題とともに、PRの専門家が相手のジャーナリストとより良く協働する方法を明らかにしている。今年のリポートはCisionで過去最大のもので、北米、南米、欧州、アジアの15カ国の3200人を超えるジャーナリストを対象に調査を行った。リポート全文のダウンロードは(https://misc.prnasia.com/atd/custeventreg.php?event_id=482&utm_source=linkedin&utm_medium=press_release&utm_campaign=SOTM2020  )を参照。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200424/2785784-1-a

当初、このState of the Mediaの調査はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミック宣言の前に行われたため、Cisionは3月末にフォローアップのアンケートを送付し、今回の危機の影響がリポートに適切に反映されるようにした。その結果はリポートのCOVID-19特別セクションに盛り込まれ、この情勢下でPRとコミュニケーションズの専門家がジャーナリストをサポートする最善の方法についての知見を提供している。

Cisionのコンテンツマーケティング担当責任者、サラ・パーカー氏は「Cisionは過去11年、ある特定の時期にジャーナリストが取り組んでいたことについて完全かつ実直な実態を提供する方法としてState of the Meida Reportを作成してきた。それぞれの年には一連の新たな課題があるが、とりわけ2020年は明らかに困難なものだった。われわれの目標はPR専門家とメディアの関係強化に役立つことなので、ジャーナリストがこうした前例のない時期に取り組む方法を理解するために支援することが重要だった」と述べた。

Cisionの2020 State of the Media ReportはCOVID-19のメディアへの影響に加え、以下のトピックを網羅している。

*2020年にジャーナリズムが直面する課題と、リポーターが成功を測定する方法
*メディアの信頼と偏向
*メディア状況へのテクノロジーの影響
*PR専門家の売り込みアプローチ改善の方法
*PRとコミュニケーションズ専門家がリポーターと一層強い関係を構築する方法

ジャーナリストはスタッフのやり繰り、リソース、仕事量の増加といった課題がますます増えているにもかかわらず、今回のリポートではいくつかの楽観的な重要点が判明している。中でも注目すべきは、報道の自由への攻撃が減っているとの報告である。

リポートにおける他の重要な調査結果は以下の通り。

*ジャーナリストから見て、メディアへの不信は減少している。この4年連続で、回答者はメディアに対する一般社会の不信感は減少していると報告した。今年、回答者の59%は一般社会の信頼を失ったと感じているが、これは2019年の63%、2018年の71%、2017年の91%から改善している。
*引き続き、正確性の確保は最も重要と考えられている。2年連続で、ジャーナリストの51%はコンテンツが完全に正確であることが収益、独占ニュース、あるいは初の発表よりも重要であると述べている。特にCOVID-19の時期では、コンテンツの正確性を可能な限り確保することがますます重要であるとしている。
*AIの性急な有望感は薄れつつあり、その一方でソーシャルメディア・アルゴリズムが現在のジャーナリズムに影響する最も重要な新テクノロジーとしてランクされている。ジャーナリストの41%は、ソーシャルメディア・アルゴリズムが彼らの働き方を最も変える可能性に合意しており、2019年の38%から増加している。AIと機械学習が業界に影響を与える最重要テクノロジーとする回答者は僅か15%で、2019年の19%から減少している。
*現在、すべてのニュース取材はCOVID-19というレンズを通して見られている。ジャーナリストは現在の一連のニュースに応え、より楽観的で人間的なストーリーを探している。

現在、本リポートは米国で入手でき、今後の数週間で世界的に入手可能になる。

Cision 2020 State of the Media Report(https://misc.prnasia.com/atd/custeventreg.php?event_id=473&utm_source=linkedin&utm_medium=press_release&utm_campaign=SOTM2020n%3D2020sotmreport&a=Download+the+full+report )の全文を読もう。

Cisionは4月28日、ジャーナリストのパネルを迎え、State of the Mediaの調査結果についてより詳しく討議するライブストリーム・イベントも主催する。専門家で構成されるパネルにはTechCrunch、Toronto Star、Yahoo Financeの記者も参加する予定だ。このライブストリームについてさらに知り、登録するには(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2781569-1&h=3020911374&u=https%3A%2F%2Fwww.cision.com%2Fus%2Fresources%2Fwebinars-events%2F2020-state-of-the-media-live-stream%2F&a=Learn+more+and+register+for+the+livestream )を参照。

調査方法
Cisionは2020年1月28日から2月20日にかけて、同社の2020 State of the Media Surveyを実施した。調査は同社のメディア研究チームが入念にチェックし、メディア専門家、インフルエンサー、ブロガーとしての立場の検証を経てCision Media Databaseのメンバーに電子メールで送信された。COVID-19の特別セクションは2020年3月25日から3月30日の間に別途送信された電子メールキャンペーンをもとに編集された。今年の調査には15カ国のメディア領域全体から、合計3253の回答が寄せられた

▽Cisionについて
Cision Ltd.はパブリックリレーションズとマーケティングコミュニケーションズ専門家に向けたアーンドメディア・ソフトウエアとサービスの世界的な大手プロバイダーである。Cisionのソフトウエアにより、ユーザーは重要なインフルエンサーを見いだし、戦略的コンテンツを作成して配信し、有意の影響を測定することができる。Cisionは米州、欧州・中東・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋の24カ国にオフィスを持ち、4800人の従業員を擁している。Cision Communication Cloud(R)といった受賞歴があるCisionの製品やサービスについてのより詳しい情報は、www.cision.comを参照し、Twitterの@CisionでCisionのフォローを。この困難な時期にPRとコミュニケーションの専門家を支援するため、Cisionは無料のCOVID-19 PR素材(https://www.cision.com/us/covid-19-resources/ )を作成した。

▽メディア問い合わせ先
Karine Siu
Regional Marketing Manager
asia.marketing@prnasia.com
+852-2572-8228

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200424/2785784-1-b
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200424/2785784-1-c
Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20180117/2034361-1LOGO

オリジナルコンテンツは以下を参照:
http://www.prnewswire.com/news-releases/cision-releases-2020-state-of-the-media-report-revealing-the-latest-trends-and-challenges-facing-the-media-industry-301044585.html

ソース:Cision

添付画像リンク先
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=362510
(写真説明:Cision 2020 State of the Media Report)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=362513
(写真説明:ジャーナリストは不信感の減少を報告)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=362514
(写真説明:4月28日の午後1時(中部標準時)のライブに参加を)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ