プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社高橋書店

「ゴロゴロしてた」はなんて言う? イマドキのネイティブ英語800フレーズ!

『ためぐち英語Dialog』4/25発売 第1弾『ためぐち英語』は発売1年で5万部突破!

2020年4月25日
高橋書店

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004179101-O13-I02R7hfS
 株式会社高橋書店(本社:東京都豊島区、代表取締役:高橋秀雄)は、2020年4月25日(土)に、『日常のリアルなひとこと ためぐち英語Dialog』(トーマス・K・フィッシャー著 1,100円+税)を全国の書店・オンラインストアで発売します。本書は、2019年5月に発売した『日常のリアルなひとこと ためぐち英語』の第2弾。生まれも育ちも、現在の住まいもアメリカの著者による「実際に使っているフレーズだけ」を厳選しました。すべての例文が会話(Dialog)になっているので、微妙なニュアンスまでしっかりつかむことができます。

 
ゴロゴロしているものと言えば? 英語は「例え」や「イメージ」で表現することが多い!
  「家でゴロゴロしてた」は、英語で“I vegged out.”と言います。“veg”はvegetable「野菜」の略。“veg out”だと、野菜みたいに「ゴロゴロしたりぼーっとして過ごす」という意味になります。このように、英語はその単語の持っているイメージからフレーズができていることが多々あります。

 本書では“Hello.”など、ありきたりなフレーズではなく、“Hiya.”(やぁ)といった、日本ではあまり知られていないけれど、ネイティブは日常的によく使っているフレーズを紹介しています。会話形式で紹介しているので、サブフレーズと合わせて覚えれば知識は二倍に。さらに、そのフレーズが言われている状況をよりリアルに想像できます。全体を通して第1弾より300フレーズ多い、800フレーズを掲載。なぜその単語が?というフレーズも、解説を読めばなるほどと納得できます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004179101-O9-LsECo58K

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004179101-O7-5LaLsHS8
何かに誘われて「僕も行きたい!」って返事する時はこれ。
逆に行けない時は“I’m out.”って言えば断れる。
“Count me in!”(数に入れて!)も同じ場面で使う。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004179101-O8-Qfn0o0Uy
goofy「ヘマな、ドジな」は有名なキャラクターの名前にも。
動詞のgoofは「ヘマをする、ドジをやる」。
“He’s(She’s) a goof.”みたいにだれかの性格を表すこともできる。

 
 
本書の構成
●CHAPTER1 会話をつなぐ あいづち・あいさつ
 ・・・・すげー!/げっ!/感謝感激だ/やっぱり/青天の霹靂だ/んなバカなetc.
●CHAPTER2 相手に伝える リアルな気持ち
 ・・・・・絶好調だ!/しくじった/ヤバいよ/空いた口がふさがらないetc.
●CHAPTER3 日常使いの ちょっとした言葉
 ・・・・・・ベロンベロンだった/生意気だぞ/ヨリを戻したんだ/君には高嶺の花だよetc.

著者紹介  
Thomas K. Fisher(トーマス・K・フィッシャー)
1990年オハイオ州シンシナティ生まれ。フリーランスのエディター兼作家、写真家。日本人の彼女と愛犬のゴディヴァ(ゴールデンレトリバー)と一緒にフロリダのタンパベイに住んでいる。趣味はゴルフ、釣り、バスケットボール、スケートボード。

 
イラストレーター紹介
越井隆
1981年生まれ、栃木県出身。東京造形大学デザイン科卒。2009年よりイラストレーターとして活動中。2010年Swatchとコラボレーションした時計「ELECTRICITY MAN」(世界限定777本)を発売。セレクトショップ『SHIPS』のキャンペーンイラストや、トヨタ「同い年とカローラ」にて37歳代表として選出されるなど、雑誌・書籍・広告・WEBで活動中。

 
書誌情報
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004179101-O11-HDUwB3OU

『日常のリアルなひとこと ためぐち英語Dialog』
著者:トーマス・K・フィッシャー
イラスト:越井隆
価格:本体1,100円+税
体裁:四六判、224ページ(2色刷)
ISBN:978-4-471-11338-4
第1弾『日常のリアルなひとこと ためぐち英語』も好評発売中!▶【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004179101-O12-Z2mmNrVM

会社情報
1954年創業、「手帳は高橋」をキャッチコピーに、シンプルだけど細部まで使いやすさを追求した手帳をはじめとして、日記・家計簿・カレンダー・書籍を発刊。(手帳は、毎年1月始まりと4月始まりを販売。)
全国書店での販売シェアは約40%強を誇り、販売シェアNo.1となっています。(※自社調べ)
また書籍は、生活実用書を中心に、児童書、就職書、資格書、ビジネス書など多岐にわたって発刊しており、2016年より発行の「ざんねんないきもの事典」シリーズは発刊4年目にして360万部を超えるヒットとなっています。2019年9月より東京本社を豊島区・サンシャイン60内に移転。

 

978-4-471-11338-4_T
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ