プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

農林中央金庫

第3回 現代の独身20代の食生活・食の安全への意識

~東京近郊の20代の独身男女400人に聞く~

2020年4月24日
農林中央金庫

第3回 現代の独身20代の食生活・食の安全への意識
~東京近郊の20代の独身男女400人に聞く~

第1回調査(2008年)・第2回調査(2014年)との比較レポート
夕食メニュー1位に「サラダ」躍進(前々回8位→前回3位→今回1位)
食費の月平均は32,581円(男性38,441円、女性26,928円)

 
Ⅰ.20代の食事の実態
  ●朝ごはんを「毎日食べる」若者は半数以下(45.8%)、回数の平均は週に4.7回
  ●昼ごはんによく食べるのは男女ともに1位「ごはんとおかず」2位「おにぎり」
   「家で弁当を作ってもらう」は増加傾向(前々回13.3%→前回17.3%→今回20.5%)
  ●夕ごはんは「家族に料理を用意してもらう」(68.0%)ことがある人が7割近くでトップ
    「飲食店に行く」は減少傾向(前回61.8%→今回49.3%)、「自分で作る」約3割(30.3%)
  ●夕ごはんによく食べる料理1位は「サラダ」(女性1位、男性2位)
      過去調査に比べ「サラダ」「味噌汁」が増加、「パスタ」が減少傾向
  ●自炊する(調理を手伝う)ことが「ほとんどない」(65.3%)6割以上
  ●夕ごはんに“手作り以外のものを使う(出る)” 6割以上(63.5%)
  ●食費は月平均32,581円、1日あたり約1,086円
      男性38,441円、女性26,928円で1万円以上の差

Ⅱ.コンビニや外食に関する実態と意識
  ●コンビニは週平均「3回」利用、よく買うのは「おにぎり・おすし」(51.7%)
  ●飲食店(ファストフード含む)の利用、週に平均「1.5回」
      飲食店の利用頻度は減少傾向(前々回 2.0回→前回 1.8回→今回 1.5回)

Ⅲ.食の安全に関する意識
  ●食については「カロリー・ダイエット」(42.0%)への関心が最も高い
  ●食の情報源は「インターネット」(67.0%)が12年前(26.5%)から3倍近く急伸
     「新聞」(0.3%)、「テレビ」(24.8%)、「雑誌・本」(18.3%)は、いずれも減少
  ●不測の事態に備えた「食糧備蓄」の平均日数は「4.6日」

Ⅳ.食に関する意識
  ●食について関心が“ある”(とてもある+まあある)が8割超(84.5%)
      4人に1人が「糖質制限」(26.0%)に関心、女性では4割(39.5%)

◇はじめに◇
農林中央金庫では、「世代をつなぐ食 その実態と意識」(2004年)から、各世代を対象に食に関する調査を継続して実施しています。本年は20代の独身男女を対象に“食”に関する意識と実態を探ることを目的に調査を実施しました。第1回調査(2008年)、第2回調査(2014年)とも比較しながら、この間の意識の変化も探っています。また、昨今の社会情勢を踏まえ、食糧備蓄に関する質問を新たに設けました。調査対象は、首都圏に居住する20代の独身男女400人、調査期間は2020年3月17日から3月29日です。

◇調査結果まとめ◇
調査の結果、20代の独身男女の食の実態として、過去に比べ、昼食の弁当や夕ごはんなど、食事を家族に用意してもらうことが増える傾向が見られました。
朝食を「毎日食べる」人は半数以下(45.8%)で、朝食メニュー1位は「パン」(67.8%)、2位「ごはん」(54.0%)ですが、20代前半では「ごはん」が6割(60.6%)に達します。
昼食でよく食べるのは男女ともに1位が「ごはんとおかず」(66.0%)、2位が「おにぎり」(45.6%)で、朝食とは対照的に“和食”傾向です。また、「家で弁当を作ってもらう」は全体の2割ですが(前々回13.3%→前回17.3%→今回20.5%)増える傾向でした。
夕食では「家族に料理を用意してもらう」(68.0%)がトップで、次いで「飲食店に行く」(49.3%)、「自分で料理を作る」(30.3%)自炊派は約3割でした。過去調査に比べると“料理を用意してもらう”が増える一方で、“外食や購買”“自炊”は減少傾向です。夕食でよく食べる料理の1位は「サラダ」で、前々回8位、前回3位から躍進しました。過去の調査に比べ、「サラダ」と「味噌汁」が大幅に伸び、「パスタ」が減少しています。自炊(調理を手伝う)は「ほとんどない」(65.3%)が6割以上で、夕食に“手作り以外のものを使う(出る)”人も6割以上(63.5%)でした。
食費は月平均32,581円(1日あたり約1,086円)で、男性38,441円と女性26,928円では1万円以上の差があります。コンビニを利用するのは週平均「3回」で、飲食店(ファストフード含む)の利用は週平均「1.5回」です。飲食店の利用頻度(前々回2.0回→前回1.8回→今回1.5回)は、過去の調査より減少しています。
食に関する意識では、「カロリー・ダイエット」(42.0%)への関心が強く示されています。情報源は「インターネット」(前々回26.5%→前回50.3%→今回67.0%)が急伸したのに対し、「新聞」(同17.0%→7.3%→0.3%)、「テレビのニュース・番組」(同46.3%→44.0%→24.8%)など、他のメディアはいずれも減少傾向を示しています。また、不測の事態に備えた「食糧備蓄」は、平均「4.6日」分でした。

食に関する意識では、食について関心が“ある”人が8割超(84.5%)に達します。食について「試してみたいこと」として、4人に1人が「糖質制限」(26.0%)に関心を示し、《女性》では4割(39.5%)に達しています。

以下は、調査内容のダイジェストです。詳細につきましては、過去の調査報告書も含め、当金庫のホームページ(https://www.nochubank.or.jp/efforts/research.html)に掲載の調査報告書をご参照ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ