プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road

Xinhua Silk Road:セラフィムが166mmハーフカットセル・モジュールを発表

AsiaNet 83755 (0623)

【北京2020年4月22日 PR Newswire=共同通信JBN】中国の世界クラスのソーラー製品メーカーである江蘇セラフィムソーラーシステム有限公司(Jiangsu Seraphim Solar System Co., Ltd.、以下「セラフィム」)は4月22日、同社の新しい166mmハーフカットセル・モジュールを発表した。これは166mmサイズのシリコンウエハーにマルチバスバー(MBB)とハーフカットセル技術を一体化した、新世代の太陽光発電モジュールを定義付けるものである。

セラフィムによると、この新しい166mmハーフカットセル・モジュールの効率性は20%で、最大出力は445Wである。

この新製品は効率性と信頼性の両面で最高の性能を備えている。ハーフカットセル・モジュールは不適合、内部での電力喪失、ひび割れ、ホットスポットを低減しつつ、MBB技術がセル性能を強化し、全体の変換効率性が5%以上向上している。

この両面受光シリーズは後方の反射光と散光からエネルギー変換しながら、前方の入射光と散光からエネルギーを変換することができる。そのため、これらのモジュールはより大きな発電量、そして極めて優れた低日射量時の性能を発揮する。セラフィムはモジュールの両面受光率を最大で70 +/- 5%に向上することができた。その結果、理論上の最高電力は579Wで、プロジェクトのLCOE(均等化発電原価)を大幅に低減する。

異なった地面状況において、両面受光型166mmハーフカットセル・モジュールはシングルアレイ・モジュール(アスファルト地面で発電が2-7%向上、芝生地面では5-10%向上、アルミホイル上では10-30%向上)に比べ、発電量を10%-30%増加させることができる。

効率性が大きく向上したことで、この新型166mmハーフカットセル・モジュールは大規模な産業、商業、そして地上発電所においてLCOE、システムバランス(BOS)経費、エンジニアリング・調達・建設事業者(EPC)経費、土地代を大幅に削減する。

この新型166mmハーフカットセル・モジュールは従来のモジュールと比較して、1MW以上のプロジェクトで少なくともワット当たり5%のコストを節約することから、電力市場で強力な競争力を持つと予想されている。

セラフィムのポラリス・リー社長は「セラフィムにはモジュールの研究開発、製造、テクノロジーで豊富かつ独自の経験がある」と述べた。

さらにリー社長は「この新しい166mmハーフカットセル・モジュールは素材の選択から設計、開発、試験まで、多数の関連性の中で厳格に管理されている。この新型166mmハーフカットセル・モジュールの発表は、この産業の発展に新たなブレークスルーをもたらすと信じている」と付け加えた。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/312799.html

ソース: Xinhua Silk Road

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ