プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社タカラトミー

45周年で史上初!5体の黒ひげが同時発射!「超飛び黒ひげ危機一発MAX5」4月23日(木)発売!

5組の“一発屋芸人”によるコラボリレー動画配信!進化した定番ゲームで #おうち時間 を楽しもう!

2020年4月22日
株式会社タカラトミー

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)が発売するロングセラーパーティーゲーム「黒ひげ危機一発」は、2020年7月に発売45周年を迎えます。
45周年を記念して、5体の黒ひげが同時発射する「超飛び黒ひげ危機一発MAX5」(希望小売価格:2,980円/税抜き)を、2020年4月23日(木)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp/shop/等にて発売いたします。
 また、「5体の黒ひげが同時発射する」という商品の特徴に合わせ、“一発屋芸人”として活躍中の「ダンディ坂野」、「スギちゃん」、「髭男爵」、「ゴー☆ジャス」、「小島よしお」の5組の芸人とコラボレーションしたWEB配信動画を4月23日(木)からタカラトミー公式YouTubeチャンネル「タカラトミーチャンネル」(www.youtube.com/user/takaratomychannel)で配信いたします。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O1-X5mJGl81

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O2-nzNWQtzK

 
【商品の特徴】
 これまでの「黒ひげ危機一発」同様、順番にタルの穴に剣を刺し、タルの中の「黒ひげくん人形」を飛び出させた人が負けであるルールは変わりません。進化した以下のポイントにより、これまで以上にハラハラドキドキしながらコミュニケーションを楽しんでいただくことができるようになりました。これまでにはない「黒ひげ危機一発」の新たな遊び方を提案いたします。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O3-6x1c5rY1

■「超飛び黒ひげ危機一発MAX5」の進化したポイント
・ 5体同時に飛び出す
・ 「黒ひげくん人形」は、通常の「黒ひげ危機一発」より、5倍高く飛ぶ
 (※「黒ひげ危機一発」の飛ぶ高さを10cmとした場合の比較)
・ 5種類の遊び方が可能

■5つの遊び方
①GAME1 「黒ひげ危機五発」
剣をタルに1人ずつ順番にさしていきます。5体の「黒ひげくん人形」が飛び出した人が負けです。
②GAME2 「黒ひげキャッチ」
剣の色を選び1人ずつ順番に剣をさしていきます。飛び出した剣と同じ色の「黒ひげくん人形」を空中でキャッチできれば勝ちです。
③GAME3 「黒ひげバトル」
剣をタルに1人ずつ順番にさしていきます。飛び出した「黒ひげくん人形」を多く捕まえた人が勝ちです(※先に取った人から奪うことは禁止です)。
④GAME4 「黒ひげ占い」
剣をタルに順番にさしていき、「黒ひげくん人形」を飛ばして落ちた顔の向きを見ます。上向きなら、その色の今日の運勢はラッキー!?(青:旅行運/黄:金運/黒:学業運/緑:健康運/赤:恋愛運)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O5-sg8DVwU0

⑤GAME5 「黒ひげサバイバル」
イス取りゲームのように、遊ぶ人数より1つ少ない数の「黒ひげくん人形」をタルに押し込みます(4人なら、3体をセット)。剣をタルに順番にさし、飛び出した「黒ひげくん人形」を1体ずつ取ります。取れない人は脱落します。残った人数でさらに1つ少ない人形を同様に取っていき最後まで残った人が勝ちです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O4-aK5t6jjL

【プロモーション】

■「黒ひげ危機一発45周年特別企画 一発屋芸人黒ひげリレー」
 商品の特徴に合わせ、5組の“一発屋芸人” とコラボレーションしたWEB配信動画を4月23日(木)からタカラトミー公式YouTubeチャンネル「タカラトミーチャンネル」(www.youtube.com/user/takaratomychannel)にてそれぞれ期間限定で配信いたします。2020年4月から12月まで、“一発屋芸人”として活躍している「ダンディ坂野」、「スギちゃん」、「髭男爵」、「ゴー☆ジャス」、「小島よしお」の5組に「超飛び黒ひげ危機一発MAX5」の面白さをリレー形式でアピールしていただく映像企画です。「黒ひげ危機一発45周年アンバサダー」として、年間を通して盛り上げていただきます。
 また、動画の再生回数の順位を当てていただくキャンペーンを行います。「 #黒ひげでMAX遊ぼう」のハッシュタグをつけて応募していただき、1位から5位の順番を当てた方の中から抽選で1名様に「純金の黒ひげの剣」をプレゼントします。詳細は下記ホームページでご案内予定です。
www.takaratomy.co.jp/products/kurohige/products/max5/

【「黒ひげ危機一発」について】
 1975年(昭和50年)7月1日に発売された「黒ひげ危機一発」は、これまでに80種類を発売し(「超飛び黒ひげ危機一発MAX5」を含めると81種類)、世界47の国と地域で累計出荷数1,500万個を超えるロングセラー商品です。「単純明快なルールで誰もが楽しめる」「ハラハラドキドキの 感覚」「すぐに勝負がつく」ことなどが、世界共通、老若男女問わず愛され続けています。遊び方は、ひとりずつ順番にタルの穴に剣を刺し、タルの中の「黒ひげくん人形」を飛び出させた人が負けです(※)。誰が「黒ひげくん人形」を飛ばすかをハラハラドキドキしながら、みんなが一緒に同じ時間、体験を共有し、コミュニケーションを楽しんでいただくことができます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O12-6B4u2N86

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O13-8305b2r4

※ルール変更の歴史
 1975年の商品発売時は「縄でしばられてタルに閉じ込められた海賊の親分を剣で縄を切って救出する」という設定のため、「黒ひげくん人形」を「飛び出させた人が勝ち」というルールでした。発売から4年後の1979年には「飛び出したら勝ちまたは負け(遊ぶ前にどちらにするか決めてから遊んでください)」と変更されました。そして1995年とうとう「飛び出させたら負け」と正式にルール変更が行われました。
 ルール変更の背景には1976年から1988年まで放送された当時人気のクイズ番組で、飛び出した剣を刺した解答者の得点がゼロになったり、飛び出る「黒ひげくん人形」を受け止められないと豪華賞品を逃したり、本来と逆のルールで使われたこと、また、飛び出すときにビックリしている様子が「負け」を想起させることなどがあったといわれています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O14-GzTpFSV6

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O15-11t014aO

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219198-O16-05auD48V

 
<商品概要>
商品名:「超飛び黒ひげ危機一発MAX(マックス)5(ファイブ)」
希望小売価格:2,980円(税抜き)
発売予定日:2020年4月23日(木) 
対象年齢:4歳以上
商品内容:MAX5タル(1)、黒ひげくん人形(5:青・黄・黒・緑・赤 各1体)、剣(20:青・黄・黒・緑・赤 各4本)
商品サイズ:(W)150mm × (H)220mm × (Ⅾ)150mm  ※タルに人形が入った状態
重量:約530g  ※タルに人形が入った状態(剣を除く)  
販売目標:年間3万個
取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、一部の書店、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp/shop/
著作権表記:© TOMY
公 式 H P:www.takaratomy.co.jp/products/kurohige/products/max5/

②一発屋芸人_プロモーション画像(名前あり)
①メイン画像(動きあり・背景色なし)
③メイン画像(動きなし)
④使用イメージ
⑤5体の黒ひげくん人形
⑥商品とパッケージ
⑦5色の剣
⑧メイン画像(動きあり・背景色あり)
⑨商品PKG
⑩ロゴ
⑪遊び方(パッケージ)
⑫「黒ひげ危機一発ゲーム」(初代・1975年)
⑬黒ひげ危機一発(スタンダード版)
⑭「黒ひげ危機一発ゲーム」(初代・1975年)PKG
⑮「黒ひげ危機一発ゲーム」(2代目・2979年)PKG
⑯「元祖黒ひげ危機一発」(4代目・1995年)PKG
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ