プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ザ コンシューマーグッズ フォーラム(The Consumer Goods Forum)

ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラムがディレクター交代を発表 ウェイ=チャン・チャンがピーター・フリードマンの後任に

AsiaNet 83703

ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラムがディレクター交代を発表
 ウェイ=チャン・チャンがピーター・フリードマンの後任に

パリ、2020年4月16日 — ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)は、6年を超えて組織を指揮してきたマネージング・ディレクター(MD)、ピーター・フリードマンが退任する運びであることをお知らせします。後任として、現在シニア・パートナーであり、オリバー・ワイマンの小売・消費財プラクティス部門の共同リーダーであるウェイ=チャン・チャン博士が就任します。フリードマンは、予定されている移行プロセスが終了する2020年6月1日付でMDの権限を委譲します。

ピーター・フリードマンは2014年1月からCGFでMDを務めてきました。CGF取締役会の共同議長であるオズガー・トートとエマニュエル・フェイバーは次のように述べています。「取締役会として、これまで多年にわたるピーターのリーダーシップに深謝いたします。彼の在任中、CGFは、業界においてユニークな立場にある組織として成長を遂げ、ポジティブな変化をもたらすためのCEO主導のコラボレーションを世界中のメーカーやリテイラー間で実現する後押しをしてきました。彼はまた、会員規模を継続的に拡大するともに、財務状態を健全に保ち、CGFスタッフのすばらしいチームを作り上げました。退任にあたり、彼は、現在のパンデミックの影響を含めた、今後のさまざまな課題や機会について、業界を支援していく力を持った組織を残してくれました。」

ピーター・フリードマンは次のようにコメントしています。「CGFを率いるというのは、間違いなく世界で最も素晴らしい仕事の一つでしょう。消費者向けビジネスは世の中のためになるべきであると強く信じ、共にポジティブな変化を起こすために、多大な時間とリーダーシップのエネルギーを割くことをいとわない、こんなにも多くの業界のチーフ・エグゼクティブの方々とお仕事をともにできたことは大変光栄でありました。世界中の会員企業からは、多くのエグゼクティブの皆様が私たちのワーキング・グループやネットワーキング・イベントへのご参加を通じ、コラボレーションの力を実地のものとしてくださいました。その皆様へも御礼申し上げます。最後になりますが、CGFの経営委員会および全スタッフにも御礼を述べさせていただきます。CGFに対し多大な尽力をいただき、また一緒に大変楽しく仕事をさせていただき、ありがとうございました。」

ウェイ=チャン・チャンは、特にアジアおよび中華圏を中心に、グローバルな小売およびCPGにおいて25年以上にわたるキャリアを有しており、その経験を新たなポストで活かしていくこととなります。チャンは、オリバー・ワイマンにおいて食料品、ヘルス&ビューティー、専門小売、不動産といった業界のクライアントを担当し、戦略、オペレーション、組織といった広範な分野の課題に対処してきました。オリバー・ワイマンへの入社以前には、マッキンゼー・アンド・カンパニーでパートナー職、OC&C Strategy Consultants でディレクター職を歴任したほか、小売業Dairy Farmでは北アジア地域ディレクターを務め、Wellcome、セブンイレブン、Manningのバナーを打ち出しました。直近では、オーストラリアに本拠を置く小児栄養製品のリーディングサプライヤーであるBellamy’s Organicの取締役会の非業務執行取締役も務めました。

オズガー・トートとエマニュエル・フェイバーは次のようにコメントしています。「ウェイ=チャン・チャンの経験、キャラクター、リーダーシップ・スキルを鑑みれば、彼は発展の次のフェーズにおいてCGFを率いるのに大変適任ということができます。私たちの『アクションの連携』という新しいガバナンス・モデルを確立したことで、CGFは、私たちのポジティブな変化のアジェンダを超えた、さらなる集合的インパクト喚起のために業界を支援できる体制を今まで以上に整えています。また、当組織は、業界のCEOやシニア・エグゼクティブの皆様を集める力を持つという意味で、ベストプラクティスを共有することのできるユニークで貴重なフォーラムとなっています。このことは、目下のCOVID-19の危機の只中にあって明らかになってきたことです。危機の後には、業界において消費者の信頼を担保するために、CGFのアジェンダがこれまで以上に重要な役割を果たすことになると見込まれています。」

ウェイ=チャン・チャンは次のように述べています。「CGFにここ数年関わってきた中で、アジアはじめ世界のあらゆる場所で、業界を結集させ、よりよいことの力となるという点に関して、この組織が持つパワーとポテンシャルとをじかに目にすることができました。すでに大変な前進があったところですが、これから成し遂げるべきことも多くございます。そのような中、ステークホルダー・インパクトにおいて次のレベルへと組織を率いていけるとの見通しに対し、また、今後数年にわたり提示されるであろう課題を切り抜けていくことについて、非常にやりがいを感じております。」

 
ザ コンシューマーグッズ フォーラムについて

ザ コンシューマーグッズ フォーラム(CGF)は、平等性に基づいたグローバルインダストリーネットワークです。世界各国で、その運営を担うメンバーによって、消費財産業が推奨する慣習や規範の浸透が促進されます。CGFは、世界70か国からの400を数える小売業、製造業、サービス業者、その他株主等の関係者で構成された経営陣と、CEO各位を統率し、さまざまな地理条件、規模、製品カテゴリー、フォーマットを有したインダストリーを網羅した多様性を特色とします。メンバー企業は総計3,5兆ユーロを売り上げ、1000万人近い直接雇用と、関連ネットワークにおいて推定9000万以上の間接雇用を創出しています。組織は、50を超える製造・小売業社のCEOで構成される理事会によって運営されています。

さらなる情報は、サイトをご覧ください。www.theconsumergoodsforum.com

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/556222/The_Consumer_Goods_Forum_Logo.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ