プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

デスティネーションNSW(Destination NSW)

ニューサウスウェールズ州のバーチャルトリップに出かけよう

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004219177-O1-3zzhiIC3

 
AsiaNet 83725 (0607)

【シドニー2020年4月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*自宅にいながらシドニーとNSWを探検

何をするか、どこに行くかを夢見ることはかつてないほど重要であり、今や自宅にいながらシドニーとニューサウスウェールズ(NSW)州地方をバーチャルトリップすることが可能になった。

▽シドニー・ハーバー(Credit: Destination NSW)
写真:https://photos.prnasia.com/prnh/20200420/2779702-1-a

デスティネーションNSW(Destination NSW)の消費者旅行ウェブサイト、VisitNSW.com にはZoom(ズーム)対応の新しい写真と動画ひとそろいがあり、消費者はダウンロードして、ビデオ会議をもう少し楽しいものにすることができる。

ズーム背景コレクションは、計画を夢見る段階で旅行したい強い気持ちをかき立てるもので、3つの主要テーマ「地元の動物」「日の出と日の入り」「目を見張る光景」に沿って監修されている。

NSWの目的地と体験には、ワールンバングルにある南半球初のDark Sky Parkにおける天体観測、ツイードヘッズからナルーマに至るNSW海岸の水中で戯れる海洋生物、ストックトンビーチやブロークンヒルなどNSW地方の空撮、コフスハーバーのカンガルーとともにとる朝食、世界的に有名なシドニー・ハーバーのコマ撮りが含まれる。

デスティネーションNSW最高経営責任者(CEO)代行のスティーブン・マホーニー氏は「旅行は延期されるかもしれないが、旅行を夢見ることはズーム対応アセットを通じて間違いなく奨励される」と語った。

マホーニー氏はまた「魅力的なNSWズーム背景は、NSW独自の体験と目的地が最初に想起され、現在の在宅期間にズーム会話でつながり楽しみながら旅行を夢見る将来の行楽客にヒントを提供するよう生み出された」と語った。

多くのバーチャルワンダーランド、3つのテーマから選んで新機軸に参加、以下のズーム背景の中から好きなもの1つを取り、今までなかったやり方でNSWに没入してほしい。

▽動物との対話
*セントラルコースト、シンビオ・ワイルドライフ・パークのウォンバット
*ダボ、タロンガ・ウェスタン・プレイン動物園のミーアキャット
*マンゴ国立公園のカンガルー
*ナルーマ海岸沖モンタギュー島近くのオットセイ
*ティブーブッラにあるスタート国立公園のエミュー集団

▽日の出と日の入り
*シドニー・ハーバーブリッジ、シドニー・オペラハウス双方を含むシドニー・ハーバー
*リビングデザート彫刻があるブロークンヒル
*スリーシスターズを展望できるブルーマウンテンズ国立公園
*インスタ映えするアイスバーグを擁するボンダイビーチ
*NSWセントラルコーストのキルケアビーチ
*アイコニックなブレッドナイフとグランド・ハイトップウオークスがあるワールンバングル国立公園

▽目を見張る光景
*ロードハウ島
*マンゴ国立公園のウォールズ・オブ・チャイナ
*ポートスティーブンスのストックトン砂丘
*マンリーのキャベツツリーベイ
*コジオスコ国立公園
*ブルーマウンテンズのジェノランケーブ

詳細はhttp://www.visitnsw.com/love-nsw/zoom を参照。

ハッシュタグ#LoveNSWか#NewSouthWalesを使って、ソーシャルメディアに好きなシドニーやNSWの休暇をシェアしよう。

▽デスティネーションNSW(Destination NSW)について
デスティネーションNSWは、ニューサウスウェールズ(NSW)州の観光および主要イベント産業のための主要なNSW州政府機関であり、同州のビジター経済を成長させる戦略の策定および実施を担当している。シドニーとNSW地方のための観光振興および主要なスポーツ・文化イベントの獲得・発展の促進に特に重点を置いている。さらに、デスティネーションNSWは、より多くの国際会議、インセンティブ旅行報奨プログラム、企業イベントおよび展示会の確保を目的とするBusiness Events Sydneyの主要投資家である。

編集者注意
画像はデスティネーションNSWのコンテンツライブラリー(https://content.destinationnsw.com.au/ )を参照。

▽ボンダイ・アイスバーグ(Credit: Destination NSW)
写真:https://photos.prnasia.com/prnh/20200420/2779702-1-b 

ソース:Destination NSW

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=362127 
(写真説明:シドニー・ハーバー、Credit: Destination NSW)

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=362129 
(写真説明:ボンダイ・アイスバーグ、Credit: Destination NSW)

シドニー・ハーバー、Credit: Destination NSW
ボンダイ・アイスバーグ、Credit: Destination NSW
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ