プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ビーブレイクシステムズ

ビーブレイク、テレワークに関する実態調査を実施

2020/4/16

株式会社ビーブレイクシステムズ

テレワークに関する実態調査を実施
テレワークの有無は業種によって大きな差、コミュニケーションに課題

株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区 代表取締役:白岩次郎 東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「経営者・役員・会社員」を対象に「テレワークに関する実態調査」についてインターネットによるアンケート調査(調査期間:2020年4月1日~2日、有効回答数1,068名) を実施いたしました。

調査結果サマリー
・テレワーク制度がある割合は全体としては32%のみであった。ただし、業種や職種によってその割合は大きく差があった。業種ではIT業(67%)は高く、卸・小売業(20%)や建設業(25%)は低い。職種では情報システム(54%)や研究開発(61%)では高い割合で制度がある一方、生産(20%)や総務・経理・法務(22%)は低かった。また、従業員数が少ない企業は低く、従業員数が多くなるにつれ高くなるという傾向にあった。

・テレワーク制度がすでにある企業の80%では、今回の新型コロナウイルス感染症対策のためにテレワークが推奨されている。

・テレワーク制度がある企業の方のうち、実際利用している回答者は58%。職種別にみると、研究開発では制度がすでにある割合が高いにもかかわらず、利用割合は48%と低く、総務・経理・法務や制度のある割合は低いが67%と比較的高い。

・テレワーク制度がない企業の方で、テレワーク制度を導入してほしいと回答したのは33%、半分以上の方が導入しなくてよいと回答した。

・テレワークの課題は「コミュニケーションが難しい」、「電話や押印作業などテレワークでは対応出来ない」、「セキュリティ対策が不十分」などの回答が多かった。

・テレワーク導入・定着のために必要なツールは、「ウェブ会議システム」、「コミュニケーションツール・チャットルール」、「会社貸与携帯電話」の回答が多かった。

※詳しい調査結果は、当社運営メディア「WORK-PJ」の以下ページにてご覧いただけます。
https://work-pj.net/archives/5467

ビーブレイクシステムズ 会社概要
商号:株式会社ビーブレイクシステムズ
本社所在地:東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル
代表取締役:白岩 次郎
設立:2002年7月
事業内容:システム開発
コーポレートサイト:https://www.bbreak.co.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/bbreakworkpj/
運営メディア”WORK-PJ”「働く」を考える:https://work-pj.net/

クラウドERP「MA-EYES(エムエーアイズ)」
プロジェクト管理を中心に企業の業務全般をサポートするERPシステムです。業種や導入方法によって複数のシリーズを展開しています。企業の業務の効率化と生産性の向上に貢献いたします。
MA-EYES 製品サイト https://www.bbreak.co.jp/maeyes/

ビーブレイクシステムズにおけるクラウドサービス
ビーブレイクシステムズでは、様々なマネジメントサービスの中からお客様にとって最適なシステム・サービスを選定し、選定された複数のシステムやサービスを繋ぎ一つのシステムとしてご提案する「コネクテッド・クラウド」をご提供しています。
コネクテッド・クラウド サービスサイト https://www.bbreak.co.jp/connectedcloud/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ