プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

コグネックス株式会社

コグネックス、信頼性の高いインラインのバーコード検証機「DataMan® 475」を発表

DataMan® 475は、あらゆるコードの品質基準への適合を生産ラインのスピードを損なうことなく実現します

2020年4月15日
コグネックス株式会社

マサチューセッツ州、ネイティック—2020年4月14日—マシンビジョンと工業用バーコードリーダのトップサプライヤ、Cognex Corporation(NASDAQ:CGNX)(以下「コグネックス」)はDataMan® 475インラインバーコード検証機(475V)を発表しました。このシステムは一次元、二次元およびダイレクトパーツマーク(DPM)コードを高い信頼性で検証して国際標準化機構(ISO)への適合を確認、さらに品質レポートの作成までを高速で行うことによりコンプライアンスへの順守を実現します。

コグネックスのID製品担当上級副社長のCarl Gerstは次のように述べています。「バーコード検証はサプライチェーン全体でのコード品質確保に不可欠で、製品のロスや費用負担、顧客の喪失を防ぐことができます。DataMan 475Vはバーコード検証を自動化し、ラボで行っていた品質保証を現場で実施できるようにしました」。

DataMan 475Vは、精密な光学装置や強力な照明、評価アルゴリズムに加え高解像度カメラがセットになっており、読み取りの難しいコードであっても画像の取得と検証が可能です。このシステムでは、定評のあるDataManの高速なマルチコアプロセスエンジンを利用し、生産ラインのスピードを阻害することなく、コード品質の世界標準であるISOに準拠しているかどうかを確認することができます。

コード品質が基準を満たさなかった場合にはすぐにフィードバックが行われ、印刷や品質管理の問題点に加え、その是正に必要な診断ツールを即座に提示することができます。さらに高度なデータ提供機能も備えているDataMan 475Vは、自動車、医療機器、消費財、化学薬品関連、ロジスティクスなど様々な分野で、多くの情報と信頼性のある結果をお届けします。

詳細は www.cognex.com/dataman-475V をご覧になるか、 0120-301-448までお電話でお問合せ下さい。

 
コグネックスについて
コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

dm475v_pr
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ