プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人日本冷凍食品協会

令和元年(1~12月)冷凍食品の 生産・消費について(速報)

令和2年4月
一般社団法人 日本冷凍食品協会

 4月15日、一般社団法人日本冷凍食品協会(会長 伊藤滋)では、令和元年の冷凍食品の生産・消費調査結果を公表しました。

◎国内生産量は、わずかながら前年を上回り、過去最高時(平成29年)とほぼ同水準。

■国内生産は、数量が1,597千トン(対前年比(以下、同じ)100.6%)と前年をわずかに上回り、過去最高だった平成29年の1,600千トンとほぼ同水準。金額(工場出荷額)は7,131億円(99.5%)と前年をわずかに下回ったが、平成29年以降連続して7,100億円台となった。
■業務用は数量が903千トン(100.4%)で増加に転じ、金額は3,970億円(99.8%)で2年連続の減少となった。家庭用は数量が694千トン(101.0%)となり、5年連続で増加、金額は3,161億円(99.0%)となり、わずかながら減少となった。

◎品目別(大分類)生産量では、農産物(冷凍野菜)が北海道の原料生産が回復したことなどから増加。また、大半を占める調理食品は引き続き増加。
◎品目別(小分類)生産量では、1位うどん、2位コロッケ、3位炒飯と、1位と2位が逆転。
◎小分類の品目では、うどん、ハンバーグなどが大きく増加。

■大分類の品目別生産量では、水産物(95.3%)が引き続き減少し、北海道の原料生産が回復したことなどから農産物(103.7%)が増加したほか、国内生産の大半を占める調理食品(101.0%)が引き続き増加した。
■小分類の品目別生産量では、うどんがコロッケを逆転し、1位うどん、2位コロッケ、3位炒飯となった。
■小分類の品目で前年に対して量的に大きく増加したのは、うどん(111.1%)、ハンバーグ(108.0%)、卵製品(111.3%)などであった。

◎冷凍野菜輸入量は、5年連続の増加となり、引き続き100万トンを超えた。
◎国内消費量は前年より増加し、過去最高を更新した。

■財務省貿易統計による冷凍野菜輸入量は、1,089千トン(103.6%)と5年連続の増加となり、引き続き100万トンを超えた。輸入額は、2,009億円(103.0%)と3年連続の増加となった
■国内消費量(「冷凍食品国内生産量」、「冷凍野菜輸入量」、「調理冷凍食品輸入量」の合計)は、2,951千トン(102.0%)、1人当たりの年間消費量は0.5キログラム増加し、23.4キログラムとなり、いずれも過去最高を更新した。

※詳細は下記プレスリリースをご確認ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ