プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

VVDN Technologies

VVDN TechnologiesがDUとRUの7-2x機能分離オプション向けO-RANフロントホールIPを発表

AsiaNet 83648 (0576)

【グルグラム(インド)2020年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】VVDN Technologiesは、gNB-DUとgNB-RUのいずれかを選べるO-RAN 7-2x機能分離に基づくフロントホール・ソリューション(Fronthaul Solution)を発表する。このIPは多数のフロントホール・インターフェースをサポートし、それぞれのフロントホールは最大8レイヤーの非圧縮IQサンプルをキャリーできる。各100MHzの帯域幅は25Gインターフェース上で30kHzのSCSを備え、以下に焦点を合わせている:

*O-RANトランスポーテイションのためのeCPRI IPソリューション
*同期のためのIEEE 1588 PTPサポートのブロックIP
*パケット分類とサービス品質(QoS)のためのスマートな相互接続
*ブロック浮動小数点(BFP)やモジュレーション圧縮など多数の圧縮/非圧縮をサポート
*スケーラブルなアーキテクチャー

▽VVDN TechnologiesがDU、RU両方の7-2x機能分離オプション向けO-RANフロントホールIPを発表
ジョゼフ・ジョージ副社長(5G/データセンター事業部門担当)は「われわれは5G分野での成長に潜在的にコミットしており、当社の集中的なエンジニアリング専門技術を駆使してさまざまな課題に対応することによって、このプロセスを途切れのないものにしようとしている」と語った。このソリューションが対応する課題について質問を受けると、「オープン無線アクセスネットワーク(O-RAN)は真にオープンなフロントホール・インターフェースを提供し、これによって、マルチベンダーDU-RRU相互互換性がハイスループットおよび超低レイテンシーとともに実現できる」と答えた。

VVDNは同社のエンドツーエンド・ソフトウエアとハードウエアの専門技術によって5G分野で重要なアプローチをとっている。7-2x機能分離オプションのO-RANフロントホールIPは、インターフェース簡略化、トランスポート帯域幅スケーラビリティー、相互運用性、RUの低複雑度、機能対称性に役立つ。これだけでなく、PHY機能をeNB-DUにオフロードすることで、複雑性とRUのコストを最小限に抑えることに寄与し、これによって3GPP仕様の変更に伴うgNB-RUサイドの変更を最小限に抑えることが可能になる。それは、アンテナ基地に必要な電子機器を制限することにも役立ち、これによって、冷却コンポーネントがアンテナ基地に必要なくなりコストを低減することができる。次のセクターがこのソリューションで恩恵を受ける。

*DU-RRUベンダー
*ISP
*5G通信企業

▽VVDNについて
VVDNはいくつかのテクノロジーバーティカル産業(5G & DC、ビジョン、ネットワーキング&Wi-Fi、IoT、防衛、クラウド&アプリ)のエンドツーエンド製品の設計・製造に注力する製品エンジニアリング&製造企業である。VVDNのインド本社はインドのグルグラムに、北米本社は米カリフォルニア州サンノゼにある。VVDNは北米、インド、欧州、ベトナム、日本、カナダ、韓国を含むさまざまな地域の世界顧客にサービスを提供している。VVDNのビジネスモデルには、製品エンジニアリングサービス、ODMサービス、EMSサービスが含まれる。VVDN製品エンジニアリングチームの規模は2500人超、VVDN製造要員は3000人超のスタッフである。VVDNはインドに9つの高度製品エンジニアリングセンターを構え、これは完全な製品ないしはソリューションを開発するために必要な完全なハードウエア&ソフトウエアを設計・テストする設備を十分にそろえている。VVDN製造施設はインドのグルグラム・マネサルにあり、社内のクラス最高のSMT工場、成型・金型工場、製品アセンブリー工場、製品認証ラボなどを擁している。VVDNエンジニアリング&製造施設は、企業、消費者、業界、オートモーティブグレード製品の開発・製造に完全対応することができる。

VVDNの詳細は、marketing@vvdntech.com に連絡、またはウェブサイトwww.vvdntech.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Anushree Mittal
anushree.mittal@vvdntech.in
+91-9619903712

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1154348/VVDN_ORAN_Fronthaul.jpg

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/811458/VVDN_Technologies_Logo.jpg

ソース:VVDN Technologies

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ