プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ALBERT

厚⽣労働省クラスター対策班と協働/新型コロナウイルス対策/ビッグデータ分析、AI アルゴリズム開発⽀援

2020年04月14日

株式会社ALBERT

【ALBERT】厚⽣労働省クラスター対策班との協働による、新型コロナウイルス
感染拡⼤防⽌に向けたビッグデータ分析、AI アルゴリズム開発⽀援を開始

株式会社 ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑兼CEO:松本壮志、以下
ALBERT)は、2020 年4 ⽉13 ⽇、厚⽣労働省の新型コロナウイルス感染症対策本部クラスター対策班
(以下「クラスター対策班」)に対し、新型コロナウイルスの感染拡⼤防⽌に向けたビッグデータ分
析、アルゴリズム開発のための⼈的⽀援を開始します。
国内で感染が急拡⼤している新型コロナウイルスの感染拡⼤防⽌等に向けたデータ分析及びAI アル
ゴリズム開発業務において、ALBERT がもつ知⾒を提供し、政府及び⾃治体における感染防⽌対策を全
⾯的に⽀援します。

■本取組における期待される効果
2020 年3 ⽉31 ⽇付で内閣官房、総務省、厚⽣労働省、経済産業省の連名により、プラットフォーム
事業者・移動通信事業者等に対する新型コロナウイルス感染症の感染拡⼤防⽌に資するデータの政府へ
の提供を呼び掛けております。これに伴い、今後様々なデータがクラスター対策班の元に集結すること
から、「CATALYST(触媒)戦略」の下、産業間のデータシェアリングを推進しているALBERT がビッ
グデータ分析業務及びAI アルゴリズム開発業務において⽀援することで、より正確かつ効率的なデー
タの利活⽤を可能とし、感染実態の把握⼜は感染予防対策の検討に貢献できるものと考えています。

■本取組の概要
政府による新型コロナウイルス感染対策の最前線であるクラスター対策班は、⾃治体と連携してクラ
スター感染の早期探知、専⾨家チームの派遣、感染情報の分析及び感染防⽌策の検討を担っています。各
都道府県との連携のもと、いかに早くクラスター発⽣を発⾒し、具体の対策に結び付けるかが⼤規模な
感染拡⼤を防⽌するために重要であり、そのために⽇々膨⼤なデータの分析を⾏っています。

今後、ALBERT のデータサイエンティストが、クラスター対策班の⼀員として活動し、新型コロナウ
イルス感染拡⼤防⽌に向けたビッグデータの分析等を⽀援していく予定です。なお、ALBERT のデータ
サイエンティストは、国家公務員の⾝分として守秘義務を遵守しながら業務に携わります。
ALBERT は、これまで培ってきたビッグデータ分析の技術及びノウハウを最⼤限活⽤し、全世界で⼤
きな影響を及ぼしている新型コロナウイルスの感染拡⼤防⽌に協⼒してまいります。

■新型コロナウイルス感染拡⼤の終息への願い
ALBERT はこれまで、顧客のニーズに応じてカスタマイズされた分析サービスを数々提供しておりま
す。今般の、過去に類を⾒ない感染拡⼤事象に関する分析についても、完全カスタマイズの分析メニュ
ーを提供できることから、ALBERT の提供価値を⼗分に発揮できるものと考えております。

⼀⽇でも早く新型コロナウイルスの感染拡⼤を抑制し、通常の経済環境に戻ることが、ALBERT の事
業環境、ひいては⽇本経済の回復に不可⽋であると考えており、今般、データ分析ノウハウをもつ
ALBERT のデータサイエンティストがクラスター対策班の⽀援を開始します。

■厚⽣労働省新型コロナウイルス感染症対策本部クラスター対策班とは
政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が2020 年2 ⽉25 ⽇付で策定した「新型コロナウイルス感
染症対策の基本⽅針」に基づき、今後、感染の流⾏を早期に終息させることを⽬的として、国内の感染
症の専⾨家の⽅々で構成される「クラスター対策班」が同⽇付で設置されました。クラスター感染が発
⽣した⾃治体と連携して、クラスター発⽣の早期探知、専⾨家チームの派遣、データの収集分析と対応
策の検討を担っています。

(厚⽣労働省の新型コロナウイルス感染症に関する特設ウェブページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

(新型コロナウイルス感染症対策の基本⽅針)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599698.pdf

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ