プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社タッグ

株式会社タッグは、体験型webサイトとして制作いたします。

独自の特許技術を用いた「Mirai_Lab」のVRにて制作いたします。

株式会社タッグは、博物館・水族館などの展示施設や、 店舗・イベント会場を体験型webサイトとして制作いたします。

2020.04.10
株式会社タッグ

店舗創り企画・設計・制作の株式会社タッグ(東京・千代田区)は、新型コロナウィルスにより、さまざまなイベントの中止が決定される中、営業自粛が行われている博物館・水族館などの展示施設や店舗、イベント会場の体験型Webサイトを、独自の特許技術を用いた「Mirai_Lab」のVRにて制作いたします。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004108949-O1-YbF64xG9

◼️「いつでも」「どこでも」「誰でも」
閲覧する場所、時間にとらわれず、パソコン・スマホ・タブレットから、インターネット環境さえあればそこには博物館・水族館などの展示施設や店舗、イベント会場の体感の場が広がり、単なる空間の回遊や探索にとどまらず、VRコマースを始めとする様々なアタッチメントをつける事で、例えばコマース機能を持たせた「VRコマース」として空間内の商品販売、実店舗への誘客などが可能となるため、従来のECや見回すだけのVRを次世代の体感型WEBサイトへと大きく一変させます。

◼️本サービス提供の背景について
新型コロナウィルスの感染拡大により、イベントや展示会などが中止になり、様々な施設の休館・休業が相次いでいます。この未曽有の危機をどのように捉えるかは、その企業の事業内容や方針によっても異なると思いますが、変化の兆しを逃さずに新しいフィールドへ踏み出す契機ともいえます。
現在、様々な企業で進められているデジタルトランスフォーメーション。企業の経営改革ともいえる大がかりな動きは、消費者の行動変容によっても加速していくのかもしれません。

MiraiLabがご提供するVR空間は、普段利用しているWebブラウザで閲覧可能な【WebVR】であり「いつでも」「どこでも」「誰でも」リアルな体験をすることができます。偶発的な発見や参加型の仕掛けを意図的に盛り込むことで、消費者にまるで実際に訪れているかのような体験を提供するとともに、空間内に有料コンテンツも組込め、業種業態を問わないコンテンツとしてご提供可能です。
休館・休業や閉店後で収益がない時期・時間帯に新たな収益を生み出し、また今までは商圏外だった
遠方のかたもご覧頂ける為、新規顧客の獲得にもつながります。

また、どなたにでも楽しんで頂くため、HMD(VRゴーグル)やアプリは使用致しません。HMDを使用してのVRは、没入感や臨場感を楽しむことができる一方、人によってVR酔いや、装着感への抵抗、使用する場所や時間の制限、アプリダウンロードへの抵抗などから、利用いただく機会を失ってしまうためです。

このように「いつでも」「どこでも」「誰でも」様々な状況に対応できるサービスを提供いたします。

■様々な業態での運用

〈店舗・商業施設〉
休館日や休業日、閉店後など、お客様が来店・来場できない日や時間帯に、新たな収益を創出できる仕組みとなります。
実店舗の撮影はもちろん、ブランドコンセプトやPRポイントの訴求、商品販売などを仮想空間で24時間365日“営業”することが可能です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004108949-O2-4bKpi19T
〈イベント・展示会〉
イベントの世界観を全面に押し出したCG空間で物販も可能な体験型サイト、また展示会場を高解像度で撮影することで展示品の詳細なディテールまで表現できる体感型サイトの提供が可能です。
 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004108949-O3-v4P7N83n
〈美術館・博物館、水族館等の施設〉
施設の回遊や作品の鑑賞、物販はもちろん、有料ゾーンを設け、WebVR上で入場料をお支払い頂く事により、高解像度で彫刻などの立体作品を「見たい角度で全方向から」ご覧頂けたり、絵画などは作者の筆の運び具合や絵具の凹凸など、肉眼で見る以上に仔細に作品を鑑賞して頂けるコンテンツを提供致します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004108949-O4-yZk7BdcJ】 ゴッホ「夾竹桃」複製絵画提供:共同印刷株式会社様 印刷技術による究極の表現を追求した「彩美版Ⓡ」(特許取得)は現代最高レベルの複製版画技術です。

これらはブラウザーでの閲覧となるため、インバウンド向けの多言語化にも柔軟な対応が可能です。

実店舗・現地でのワクワク感や商品との偶然の出会いを演出するWebVRは、多くの方に「愉しみを提供」できる仕組みとして付加価値の拡充を図りながらサービスを提供していきます。

株式会社タッグの「Mirai_Lab Virtual Gallery」 については以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.tug-d.com/expo/

■会社概要
商号   : 株式会社タッグ
代表者  : 代表取締役 湯本 健司
所在地  : 〒101/0021 東京都千代田区外神田2-19-12
設立   : 1977年7月
事業内容 : 内装仕上げ業、商環境開発
資本金  : 2,000万円
URL   : https://www. tug-group.com/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ