プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TKS Exhibition Services Ltd

ITE Hong Kong 2020は観光回復に向けて8月に延期

AsiaNet 83563

【香港2020年4月7日PR Newswire】TKS Exhibition Services Ltdが主催するITEは2020年8月6~9日に延期された。会場は香港コンベンション&エキジビションセンターのホール3。回復版と銘打たれたITEは、感染病発生後に大湾区で初めて開催される旅行展示会になる。大湾区には中国主要都市の広州、深セン、香港、その他の広東省の諸都市、マカオが含まれ、GDP総計は世界13位の経済大国に匹敵する。

香港の住民数万人は感染病発生中に過去2カ月も海外旅行を続けており、最近の旅行制限によってのみ停止した。 このような強い関心は観光の素早い回復を示唆するものとみられる(Recovery Reportはwww.itehk.com を参照)。

新型コロナウイルスの感染は制御下にあって、経済活動は3月に再開され、中国本土の調査では、中国人が近く旅行を再開することが判明している。それによると、回答者の60%は年内の旅行を、45%は海外旅行を検討している。3月末の別の調査では、50%が感染病後1~6カ月内としている。旅行業界の調査によると、状況が明確になれば、75%が販売攻勢に打って出ると答えた。

2018年に世界最大のアウトバウンド市場になった中国本土と12位の香港はたぶん、いくつかのトップ市場がアウトブレイクと激しく闘っているとき、より回復の準備ができているでしょう。また、ITEのバイヤー、ビジター1万2000人の約30%、60%超を占めた。

2019年には中国本土の約960万人、香港の230万人が訪日し、合わせてインバウンド全体の30%以上を占めた。ピーク期が異なるこの2つの市場は補完的であり、インバウンドビジターのより均等な配分を示している。従って、ITEは今年とそれ以降の旅行ビジネス・プロモーションに効果的である。このところ毎年、日本はITE Hong Kongの計80~90ブースを占めている。

さらに、FIT/個人ツアーが85%を占める上質のビジター7万3000人以上が入場したITE一般公開の2日間は、一般プロモーションと旅行者向け直接小売販売にとって、費用効果の高いプラットフォームである。

主催者のTKSは期限を延長して、急な旅行規制の影響を受けた出展社に柔軟な手配を提供し、健康における安全性を高めるための対策を実施します。通路拡幅、体温計測、セミナーやビジネスマッチングの間隔をあけた座席配置などの措置をとる。

ITEは中国文化観光省、香港政府観光局などに後援されている。前回は56カ国・地域の675出展社を引き付けた。詳細はwww.itehk.com を参照するか、TKS(travel@tkshk.com 、+852-31550600 )に問い合わせを。

ソース:TKS Exhibition Services Ltd

(日本語リリース:クライアント提供)

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ