プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社高橋書店

第5弾『さらにざんねんないきもの事典』4/28発売! 最新刊の内容をちょっとだけご紹介

2020/4/2

高橋書店

第5弾では、身近な“野菜・果物”
そして近年子どもたちに人気のテーマ
“細菌”のざんねんを追加!

 株式会社高橋書店(本社:東京都豊島区、代表取締役:高橋秀雄)は、2020年4月28日(火)に、「ざんねんないきもの事典」第5弾となる『おもしろい!進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典』(今泉忠明監修 980円+税)を全国の書店・オンラインストアで発売します。本シリーズは2016年5月に第1弾『ざんねんないきもの事典』発刊から現在までで、シリーズ全4点、累計発行部数は360万部を突破しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003318651-O1-SPoie85F

「ミーアキャットはクロオウチュウにだまされる」「メロンは傷だらけ」…第5弾は “新章追加”と“野菜・果物・菌のざんねん”
 第5弾では生き物同士の関係性から生まれるざんねんネタを新章として立ち上げます。生き物たちは、さまざまな環境で相互に関わり合いを持ちながら生活しています。相互関係を知ることで生き物への理解を深めることができ、今までの生き物図鑑や事典にはなかった視点で、生き物たちを再発見することができます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003318651-O3-o4544tO7

 また、第5弾では、動物よりもっと身近な“野菜・果物”、そして近年子どもたちに人気のテーマ “細菌”のざんねんネタを追加します。トマトやメロン、イチゴなど、食卓でおなじみの野菜や果物のざんねんネタは、食事のタイミングなど、一家だんらんの場での話題としても最適です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003318651-O4-G95jS9vN

他にも
●イチゴの実は小さなつぶつぶのほう
●麹菌は納豆菌の勢いについていけない
●ウミグモはエボシガイたちのタクシーにされる
など新ネタ満載! おなじみの動物や、新登場の生き物も多数登場です

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003318651-O5-MCWCc070

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003318651-O6-K5La2zhi

最新情報は「ざんねんないきもの事典」特設サイトでも随時発信中です!

第5弾 書誌情報

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003318651-O2-rIWm1O53

書名:おもしろい!進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典
監修:今泉忠明
イラスト:下間文恵 他
価格:本体980円+税
体裁:四六判 160ページ
ISBN: 978-4-471-10387-3

既刊4点書誌情報
『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(900円+税) 
『おもしろい!進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典』(900円+税)
『おもしろい!進化のふしぎ 続々ざんねんないきもの事典』(980円+税)
『おもしろい!進化のふしぎ もっとざんねんないきもの事典』(980円+税)
シリーズ4点共に 監修:今泉忠明/絵:下間文恵 他

ざんねんないきもの事典第5弾発売告知POP
第5弾書影
新章「一方的にざんねん」ミーアキャット
野菜・菌[トマト・ボツリヌス菌]
こだわりがざんねん[プレーリードック/ガマアンコウ]
生き方がざんねん[パンダアリ/ハイラックス]
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ