プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

中山市人民政府

中山が約550億元の投資を呼び込み、操業と生産の再開をスピードアップ

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004018722-O1-Mc8e8NZR

 
AsiaNet 83511 (0508)

【中山(中国)2020年3月31日新華社=共同通信JBN】ビデオ会議を介した会議の開催と契約の締結は、中山など中国の各都市がCOVID-19の流行の影響に取り組むために採用した新しい対策である。中山市人民政府によると、中山はデジタル手法で仕事と生産を再開し、産業の高度化を促進することにより、ビッグデータ、クラウドプラットフォームなど新しいテクノロジーの助けを借り、高品質の投資プロジェクトを引き付けている。

Zhongshan Trade and Investment Fair(中山貿易投資フェア)が2020年3月28日、中山で開催され、高品質プロジェクト52件と約550億元の総投資を引き付けた。うち10億元を超えるプロジェクトは19件ある。プロジェクトは主に金融サービス、本社経済、生物医学、インテリジェント製造、テスト、サプライチェーンのアップグレードに関連している。企業各社はオンラインで会議に参加し、契約に調印した。

感染症の流行は、企業の中山向け投資を停止しない。開会式では合計41件のプロジェクトが調印され、うち38件はビデオ会議を介して署名され、TCL、美的(Midea)、Mingyangからの3プロジェクトがそれぞれ現場で締結された。主要な製造プロジェクトは60%以上を占めた。

TCL Group Industrial Holdings Co., Ltd.のワン・チェン最高経営責任者(CEO)は「当社は中山の産業上の利点と投資環境に魅了されている。珠江西岸のTCL Technology Group Corporationの本社を中山に置く」と語った。同氏は、TCLは同社の中山拠点で家電・機器製造産業のレイアウトをさらに強化すると述べた。今年の生産額は130億元を超え、2023年までには200億元を超えると見込まれる。

中国共産党中山市委員会のライ・ズーホア書記は「中山は、広東-香港-マカオ大湾区の地理的および幾何学的中心に位置し、3つの試験的自由貿易地区、すなわち広州南沙、深セン乾海、珠海横琴の近くにある。Shenzhen-Zhongshan Corridor(深セン-中山回廊)が建設中である。車でこの回廊を使えば中山から乾海までは、わずか20分である。広州地下鉄18号線は中山に直接つながっている。将来、中山から広州CBD(中心商務区)までは30分しかかからないだろう」と語った。現在、中山はCuiheng New District、Huoju Development Zone、Qijiang New Cityの開発プラットフォームを構築することにより、古い成長の原動力を新しい原動力に置き換えることに注力している。中山は2024年までに、家庭用品産業クラスター、電子情報産業クラスター、機器製造産業クラスター、健康・製薬産業クラスターをそれぞれ創出する。クラスターの価額はそれぞれ5000億元、3000億元、2000億元、1000億元相当である。

中山市のウェイ・ウェイハン市長は、中山はビジネス環境促進にあたり、今年から5年以内に1500億元を投資し、高速鉄道、都市間鉄道、高速道路、水輸送、 シティーターミナルをカバーする輸送システムを改善すると語った。一方、中山は2つの主要科学施設と2つの高水準の大学の建設をスピードアップする方針である。

Top Talent Networking Zhongshan(トップ人材ネットワーキング中山)も同じ日に開幕した。人材を引き付け、企業にサービスを提供することを目的として13のアクティビティーを開催する。市はイベントで、企業からの優秀で高水準の人材5人にそれぞれ20万元を、2つの優れた起業家チームにそれぞれ200万元を授与した。

ライ・ズーホア氏は、中山市政府は中山の高水準の人材が才能を発揮して夢を実現するのを完全にサポートし、中山に投資する起業家や人材を心から歓迎すると述べた。

広東省を含むすべてのレベルの中国の政府は今年2月初め、操業と生産の再開を支援すると明確に言明した。中山市は、企業をサポートするための20の施策を発表し、2020 Zhongshan Trade and Investment FairとTop Talent Networking Zhongshanを開催することにより、企業の発展を支援し、人材を引き付けるという良いトレンドを示した。

主催者によると、フェアの一連のアクティビティーは3月28日に開始され、5月中旬まで続けられる。

ソース:The People’s Government of Zhongshan Municipality

画像添付リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=361034 
写真説明:2020年中山貿易投資フェアとトップ人材ネットワーキング中山が3月28日に開催

2020年中山貿易投資フェアとトップ人材ネットワーキング中山が3月28日に開催
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ