プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FXC株式会社

FXC、“さっぽろ雪まつり” 8K非圧縮映像伝送実験映像公開デモに参加

昨年に続き、NICT主催の実証実験に、1U サイズで200Gbps帯域をつくる「LE200M」と「LE100AD」を提供

 FXC株式会(本社:東京都台東区、代表取締役:谷輪 重之)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)(*1)主催の実証実験において、2月に開催された”さっぽろ雪まつり”会場を基点に、大阪・東京・沖縄など、複数の拠点を結んだ「8K非圧縮映像伝送実験映像公開デモ」に参加いたしました。

 今回の実証実験は、2月に開催された”さっぽろ雪まつり”雪像前に設置したカメラからの8K立体ライブ映像(時間帯により夜間プロジェクションマッピング録画映像)を中継しました。
 今回公開する映像は、フル解像度の8Kカメラ2台で撮影、データ非圧縮で伝送する立体映像となります。カメラ1台あたりからのデータ通信量は51Gbpsにも及ぶため、実験では2本の100Gbps回線による伝送を行いました。会場では、フル解像度のカメラ映像による超高精細・多階調による豊かな色表現も体感いただきました。
 FXCは昨年に続き4回目の参加となります。実証実験ではFXC製の超小型伝送装置「LE200M」が北海道-1アクセスポイントと北海道1DC(SINET)(*2)間、超小型ADM(*3)ボックス「LE100AD」DWDM8ch MUX/DEMUXユニット「LE1708-2F」が北海道-1アクセスポイントと「さっぽろ雪まつり」会場の大通公園間をそれぞれ200G、2芯で、大阪会場では「LE200M」が近畿-1アクセスポイント(大阪)とグランフロント大阪間をそれぞれ橋渡しする役割を担いました。

※実証実験の詳しい内容は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の【実験の全体構成】(画像提供:国立研究開発法人 情報通信研究機構)プレスリリースでご覧いただけます。
▶さっぽろ雪まつり” 8K非圧縮映像伝送実験 映像公開デモ 
 https://testbed.nict.go.jp/event/yukimatsuri2020-press.html

(*1)NICT…National Institute of Information and Communications Technologyの略称。NICTホームページ http://www.nict.go.jp/
(*2)SINET…Science Information NETworkの略。国立情報学研究所(NII)が日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として構築、運用している学術情報ネットワーク。
(*3)ADM…Add Drop Multiplexingの略称。アド/ドロップマルチプレクサ。既存の高帯域幅データストリームに複数の低帯域幅信号を追加する機能と低帯域データ速度チャネルのトラフィックを、より高帯域の集合チャネルに多重、または分割するデバイス。他の低帯域幅信号をアドまたはドロップし、ストリームから削除してリダイレクトする機能も備えている。

LE100AD
LE200M
LEX1708-2F
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ