プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アキレス株式会社

環境配慮型軟質PVCシートが「バイオマスマーク」を取得 『バイオマス可塑剤仕様マット AM-01』

2020/3/30

環境配慮型軟質PVCシートが「バイオマスマーク」を取得 『バイオマス可塑剤仕様マット AM-01』

業界初となるバイオマスデスクマットが登場

アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、原材料の一部にバイオマス材料を使用した環境配慮型軟質PVCシート『バイオマス可塑剤仕様マット AM-01』(以下、AM-01)を開発し、このほど一般社団法人日本有機資源協会が認定する「バイオマスマーク」を取得しました。また、本製品を使用した業界初※1となるバイオマスデスクマットが発売されました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202003308602-O1-mpg4JPcG
【写真:『バイオマス可塑剤仕様デスクマット』(左)、「バイオマスマーク15%」(右)】

SDGsやESGへの関心が高まり、環境保全への配慮がますます求められる中で、当社としてもプラスチック加工メーカーの立場から3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進に取り組んできました。『AM-01』は、植物由来のバイオマス材料を原料の一部に使用することで石油由来原料の使用量削減を図り、リデュースの促進に貢献するため新たに開発した環境配慮型の軟質PVCシートです。植物由来の原材料を用いることでバイオマス度19%※2を実現しました。
『AM-01』は、2020年3月11日に一般社団法人日本有機資源協会が認定する「バイオマスマーク」(認定番号190319:バイオマス度15%)※2の認定を受けました。
※1 当社調べ(2020年2月29日現在)。
※2 「バイオマスマーク」のバイオマス度認定は5%刻みです。

『AM-01』を使用した最初の製品となる環境配慮型のデスクマット『バイオマス可塑剤仕様デスクマット』が、アスクル(株)のカタログ(2020春・夏号)及びWebサイトで販売中です※3。本製品は当社が長年培ってきたデスクマット用シートの生産技術をベースに開発したもので、適度な厚み(1.2mm)とクッション性によって筆記性や捺印のしやすさの向上が期待できます。特殊な配合設計によりマットの透明性とLED光学マウスの操作性も両立させました。デスクサイズや用途に合わせて、4種類のサイズからお選びいただけます。
「バイオマスマーク」認定材料を使用したデスクマットは業界初となります。当社は今後もデスクマットのほか、『AM-01』を使用した環境配慮型製品の拡充を図ります。

『バイオマス可塑剤仕様デスクマット』の製品概要は以下の通りです。
製品名:バイオマス可塑剤仕様デスクマット※3
製品仕様:軟質PVCシート(バイオマス度19%)※2
規格寸法・参考価格※4 :
ミニ:厚さ1.2mm×幅600mm×奥行450mm 988円+税/枚
小   :厚さ1.2mm×幅990mm×奥行690mm 2,186円+税/枚
中   :厚さ1.2mm×幅1,190mm×奥行690mm 2,798円+税/枚
大   :厚さ1.2mm×幅1,390mm×奥行690mm 3,788円+税/枚
製品特長:
■植物由来のバイオマス材料を使用植物から採取された素材を可塑剤の材料に使用しています。
■「バイオマスマーク 15%」認定を取得一般社団法人日本有機資源協会が認定する「バイオマスマーク」(認定番号190319:バイオマス度15%)を取得しています。
■長年培ったデスクマット用シートの技術を活用適度な厚み(1.2mm)とクッション性によって筆記性や捺印のしやすさの向上が期待できます。非転写処方でインク移りや写真付着を抑制しています。挟んだ書類の視認性とLED光学マウスの操作性を両立しています。

販売方法:アスクル(株)のカタログ及びWebサイト(https://www.askul.co.jp/)による通信販売
ホームページ:https://www.achilles.jp

※3 アスクル(株)のカタログ及びWebサイトでの製品名は「森松 バイオマスPVC配合デスクマット」となります。
※4 アスクル(株)のカタログ及びWebサイトでの販売価格です(2020年3月23日現在)。

本件に関するお問い合わせ先
アキレス株式会社
【化成品事業部 フイルム販売部】
山川 元
TEL:03-5338-9266
〒169‐8885 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ