プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Worldwide ERC

リン・ショットウェル氏が社長兼CEOとしてWorldwide ERC(R) に入社

AsiaNet 83423 (0463)

 
【アーリントン(米バージニア州)2020年3月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*著名な国際的人材専門家が世界的なモビリティー事業者団体を率い、労働の未来を形成へ

人材管理と世界的モビリティーの専門知識および革新のための主要な事業者団体であるWorldwide ERC(R)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2760262-1&h=3467704508&u=https%3A%2F%2Fwww.worldwideerc.org%2F&a=Worldwide+ERC%C2%AE )は25日、GMS、SHRM-SCP資格を持つリン・ショットウェル(Lynn Shotwell)氏が3月30日付で新しい社長兼最高経営責任者(CEO)として同組織に参加すると発表した。優れた組織幹部として、ショットウェル氏はグローバルな労働力および人材モビリティー組織を成功裏に率いてきた実績を今回の同氏の新たな役割にもたらすことになる。移住、経済および人的資本が交差する節点で20年以上の経験を持つショットウェル氏は、Worldwide ERC(R)のためにイノベーションを推進し、同組織は今日の世界経済における課題と機会に直面するモビリティー専門家をサポートしていくことになる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1137364/Lynn_Shotwell_Joins_Worldwide_ERC.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/877035/Worldwide_ERC_Logo.jpg

Worldwide ERC(R) 取締役会会長のエド・ハンニバル氏(GMS)は「リーダーシップチーム、取締役会および私は、リン(ショットウェル氏)のような手腕をもつエグゼクティブかつ実績のあるCEOとともに仕事ができることをうれしく思っており、急速に変化する環境の中で当組織を前進させる同氏の能力を確信している。人材、モビリティー、注意義務の戦略がかつてなく重要になっている。われわれはリンと緊密に協力して、成功に必要なツールと知識によりメンバーやパートナーをサポートし続けていくことを楽しみにしている」と語った。

ショットウェル氏は前任の社長兼CEOの退任から3か月後にその役割を担う。ショットウェル氏は、著名なエグゼクティブサーチ会社James & Co.による理想的な候補者を特定、選定するための総合的な努力の結果、新しい職を受諾した。

ショットウェル氏は「私はただ1つのことに焦点を当ててこの任務に踏み込んだ。それは、メンバーがサービスを提供するコミュニティーをサポートするのに必要なリソースを確保できるようにすることである。今こそ、われわれ全員が協力してこのグローバルな課題に対処すべき時である。当業界は、どこにいるか、どこで働いているかに関係なく、職場の人々をサポートしてきた長い歴史を持つ業界である。Worldwide ERC(R)とそのメンバーは、COVID-19へのグローバルな対応を支援するために確実に自らの役割を果たす」と述べた。

Worldwide ERC(R)に入社する前は、ショットウェル氏は、世界最大のHR専門機関であるSociety for Human Resource Management(SHRM)の上級副社長およびグローバルアウトリーチとオペレーション担当責任者を務めた。この職でショットウェル氏は、Business Mechanism of the Global Forum on Migration and DevelopmentおよびBoard of Trustees of World Education Servicesの共同議長を務め、20年以上にわたるその経験を生かしてトップ級の各組織がグローバルな労働力を創出するのを支援した。

さらにそれより前のキャリアとして、ショットウェル氏はCouncil for Global Immigration (CFGI)/ American Council on International Personnel(ACIP)のエグゼクティブディレクターを務め、そこで大幅な成長を推進し、2018年にはSHRMとの合併を指揮した。ショットウェル氏はまた、講師およびメディア広報担当者としてモビリティー政策の専門知識を提供し、米議会、国連、世界貿易機関(WTO)で証言した。

Worldwide ERC(R)がダイナミックで革新的で成長を続けるモビリティーコミュニティーの未来を形成している方法については、www.worldwideerc.org を参照。

▽Worldwide ERC(R)について
Worldwide ERC(R)は1964年以来、世界中の労働力モビリティー専門家を結びつけ、教育することにコミットする世界的な組織である。首都ワシントンに本部を置き、ロンドン、上海に事務所を持つWorldwide ERC(R)は欧州、中東、アフリカからアジア、米州全域までの世界的モビリティーのナレッジと人材管理におけるイノベーションの源泉である。詳しい情報はwww.worldwideerc.org を参照。

▽問い合わせ先
Pam Anderson
ERC@sspr.com

ソース:Worldwide ERC

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ