プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Eglet Adams

Eglet Adamsが中華人民共和国に対して集団訴訟

AsiaNet 83420 (0462)

 
【ラスベガス2020年3月24日PR Newswire=共同通信JBN】米ネバダ州ラスベガスの法律事務所Eglet Adamsはネバダ州など米国内の「中小企業」を代表して、中華人民共和国と他の中国政府機関に対し、新型コロナウイルス(COVID-19)感染流行による金銭的、その他の被害の賠償を求める集団訴訟を起こした。原告は、中国がCOVID-19感染の存在を最初に知りながら隠蔽し、世界中への感染拡大を助長し、その結果、ネバダ州を含む米国全土の中小企業に何千億ドルもの経済的損害を引き起こしたと主張している。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1005424/Eglet_Adams_Logo.jpg

世界規模の記者会見が米東部標準時3月24日火曜午後3時に予定されている。記者会見は400 South 7th Street – 4th FloorのEglet Adams Law OfficesでHighfiveのビデオコンファレンスを通じて行われる。コンピューターかモバイル機器で会見に参加するには次をクリック:https://egletlaw.highfive.com/rte-press-conference-re-corona-virus-litigation-kh
電話利用の参加なら次の番号:+1 628-444-4348, 8449158026#
他国のダイヤルイン番号、または当方からの呼び出しが必要なら:https://egletlaw.highfive.com/rte-press-conference-re-corona-virus-litigation-kh/phone?pin=8449158026

ロバート・イグレット主任弁護士が会見で訴状の詳細を説明する。

訴状は原告団を代表して23日に米連邦ネバダ地方裁判所に提出された。原告団はNevada Limited Liability Company(ネバダ州有限責任会社)のBella Vista LLC.、Nevada Corporation(ネバダ州株式会社)のGreenfield & Company Inc.、Nevada Limited Liability CompanyのLife Real Estate LLC.、Nevada Limited CompanyのMobile Medic CPR LLC.、Illinois Limited Liability CompanyのDT Group, LLC.。

訴状は、100万以上の米国の「中小企業」が業務停止、または大幅な業務縮小を余儀なくされたと主張している。このような企業の経済的損失は何千億ドルにものぼる。こうした数字は米国中の州知事、郡政委員、市長らが中小企業に業務停止や業務縮小を命じ続けるにつれて大きく上昇すると予想される。

▽問い合わせ先
Tom Letizia
+1-702-545-8777
Tom@LetiziaPR.com

ソース:Eglet Adams

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ