プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アジアのベストレストラン50

シンガポールのオデットが2年連続で「アジアのベストレストラン50」のトップに

AsiaNet 83416

 
シンガポール、2020年3月25日/PRニュースワイヤー/ —
2020年度「アジアのベストレストラン50」(Asia’s 50 Best Restaurants)が3月24日火曜日、アジア全域でのオンラインストリームによるバーチャル・イベントとして発表されました。2020年のリストには7店が新たにランクイン、日本からは12店という国別最大数を誇っています。

「アジアのベストレストラン50」 のコンテンツ・ディレクターであるウィリアム・ドリュー氏は、次のように述べています。「言うまでもなく、アジアのレストラン業界はかつてない時代を経験しています。大陸全土のレストランの復興を支援し、過去1年間の互いの実績を称え合って連帯のメッセージを発信することはこれまで以上に重要です」
シンガポールのオデット(Odette)は2年連続でトップとなり、「アジアのベストレストラン賞」と「シンガポールのベストレストラン賞」という2つのタイトルを保持しました。

各国の受賞:

日本
傳(でん)(3位)が「日本のベストレストラン賞」を保持する一方で、大阪のLa Cime(ラシーム)(10位)は4位上昇のみならず、シェフの高田裕介氏がシェフ仲間の投票で選ぶ「イネディット・ダム社 シェフズ・チョイス賞」を受賞しました。

新たにランクインしたのは、東京のOde(オード)(35位)とInua(イヌア)(49位)です。
個人賞を獲得した日本人シェフもいます。京都菊乃井の 村田吉弘シェフは、今年の「アメリカン・エキスプレス・アイコン賞」を、ete(エテ)の庄司夏子氏が「ヴァローナ社 アジアのベスト・パティシエ賞」を受賞しました。

中華圏
香港のレストラン、チェアマン(The Chairman)(2位)が、「シンコ・ホタス社 中国のベストレストラン」を獲得しました。2020年度「ベローニア社 サステナブル・レストラン賞」を受賞したアンバー(Amber)(31位)など8店がランクインしています。この賞は環境と社会に対する責任が最も高く評価されるレストランに贈られるものであり、「50のベスト」の監査パートナーであるフード・メイド・グッド・グローバル(Food Made Good Global)が決定します。

アンドレ・チャン・シェフの新しいレストランでマカオにあるウィン・パレス(Wynn Palace)のシチュアンムーン(Sichuan Moon) がランクインしました。23位で登場したシチュアンムーンは、「レグレ社 ハイエスト・ニュー・エントリー賞」を受賞しました。

ムメ(Mume)(18位)は2度目の「台湾のベストレストラン」を受賞、また2019年度「ミーレ社 注目のレストラン賞(Miele One To Watch Award)」受賞者であるJLスタジオ(JL Studio)が26位となりました。

タイ
ズーリング(Suhring)(6位)が「タイのベストレストラン賞(The Best Restaurant in Thailand)」を初受賞。ランクインしたタイの7店には、47位で初登場したエイティ・トゥエンティ(80/20)が含まれています。

バンコクのソーン(Sorn)が今年32ランク上昇の16位となり、2020年度「アスパイヤー・ライフスタイル社 ハイエスト・クライマー賞(Highest Climber Award)」を受賞しました。

シンガポール
シンガポールではビョルン・フランツェン氏のゼン(Zen)が28位で華々しくデビュー。1994年創業の高級レストラン、レザミ(Les Amis)(11位)が今年の「ジン・マーレ社 アート・オブ・ホスピタリティ賞」を獲得しました。

韓国
韓国には2020年度「アジアの最優秀女性シェフ」を受賞したチョー・ヒスク氏率いる初登場の韓食空間(ハンシクゴンガン)(34位)を始めとして 2020年のリストにランクインするレストランが3店あります。人気店ミングルズ(Mingles)(14位)は5年連続で「韓国のベストレストラン」に選ばれました。

地域受賞
コロンボのミニストリー・オブ・クラブ (Ministry of Crab)(30位)が「スリランカのベストレストラン」に、バリのロカヴォール(Locavore)(37位)が「インドネシアのベストレストラン」に選ばれました。

インディアン・アクセント(Indian Accent)(13位)は6度目の「インドのベストレストラン」を受賞、ブカラ(Bukhara)は45位で再びランクインしました。ムンバイのマスク(Masque)は2020年度「ミーレ社 注目のレストラン賞」を受賞しました。

他国ではトーヨー・イータリー(Toyo Eatery)(44位)が2度目の「フィリピンのベストレストラン賞」に選ばれました。

写真: https://mma.prnewswire.com/media/1137082/Odette__Asias_50_Best_Restaurants.jpg
ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1085423/50_Best_Asia_Restaurants_Logo.jpg

お問合せ: 株式会社ルッソ
asia50best@lusso.co.jp
03-3740-1825

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ