プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

古河電気工業株式会社

グリーントラフ(R)で安全・安心・快適な社会インフラ整備に貢献

~ 岩手・三陸鉄道の全線運行再開にあたって ~

経営 研究 情報通信ソリューション エネルギーインフラ 自動車部品・電池 電装・エレクトロニクス材料 機能製品 新事業・開発品

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O1-BQf7Pq4F

 

No.1401

2020年3月23日

古河電気工業株式会社

 

グリーントラフ®で安全・安心・快適な社会インフラ整備に貢献 ~ 岩手・三陸鉄道の全線運行再開にあたって ~

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105539/202003198257/_prw_PT1fl_295t38he.png

 

古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区丸の内2丁目2番3号、代表取締役社長:小林敬一)は、令和元年東日本台風により運行を停止していた岩手・三陸鉄道の全線運行再開にあたり、当社グループを代表してグリーントラフ®責任者が現地を訪れ、運行再開をお祝いするとともに、安全・安心・快適なまちづくりに向けた取り組みを継続することを再確認しました。三陸鉄道では2011年の東日本大震災後の復旧にあたっても、当社「グリーントラフ®」を導入しています。

 

背景

三陸鉄道は、地域の人々の「生活の足」として日常生活に欠かせない路線です。近年、異常気象による自然災害が激甚化・頻発化し、大きな影響を受けることも少なくありません。また、建設現場では人手不足や高齢化が深刻と言われており、早期復旧が求められる社会インフラの整備において課題となっています。

当社は持続可能な社会の実現に貢献するという基本理念のもと、社会の課題に応じた製品の開発を行ってきました。三陸鉄道の一部に採用されているグリーントラフ®はその代表例と言えます。

 

内容

2011年、三陸鉄道が東日本大震災からの早期復旧を求められる中、当社グリーントラフ®は軽量性・耐候性・耐衝撃性・加工性に優れていることが評価され、津波で営業停止した区間108 kmの一部区間に採用されました。コンクリートトラフに対するグリーントラフ®の約4分の1の軽さが、設置および運搬効率の向上(注)につながり、工期を大幅に短縮することに貢献しました。また、布設後も海岸沿いを走る同鉄道においてグリーントラフ®の高い耐腐食性が発揮され、潮風による塩害からケーブルを守ってきました。

令和元年東日本台風では、線路の地盤が流出するなどの被害を受け、全長163 kmの路線のおよそ3分の2に当たる区間で不通となりました。土砂流出した現場の復旧においてもグリーントラフ®が採用され、工期短縮に貢献することができ、3月20日の全線運行再開につながりました。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O12-3p29Nwn9
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O13-rO3aP9M5

 

今回の訪問では、東日本大震災から9年目、また令和元年東日本台風から約5ヶ月を迎えるにあたり、犠牲となられた方々に哀悼の意を表するとともに、地域の皆様の生活に欠かせない社会インフラ整備の一翼を担う決意を新たにしました。当社は基本理念にのっとり、素材力と技術革新により、より安全・安心・快適に暮らせるまちづくりに貢献してまいります。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O5-fWGOt64T

(写真)左:三陸鉄道株式会社 代表取締役社長 中村 一郎様

右:古河電気工業株式会社 AT・機能樹脂事業部門 機能樹脂製品部 営業部 部長 今井 浩三

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O11-t6N76IFv

(注)コンクリートトラフとグリーントラフ ® の単位長製品重量比較 当社調べ

 

 

グリーントラフ®について

トラフとは、地表および地中に電線やケーブルを布設するときに、これらを内部に収納し保護するケースです。グリーントラフ®は、一般家庭で排出されるプラスチックごみなどのリサイクルプラスチックを主原料としており、エコマークを取得しています。

 

グリーントラフ®特設ページ:https://www.furukawa.co.jp/recycle/

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O9-N7GM6Oml

 

 

古河電工グループのSDGsへの取り組み

当社グループは、「世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献します。」を基本理念に掲げて、4つのコア技術(メタル・ポリマー・フォトニクス・高周波)を軸に、事業活動をしています。さらに、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に置き、当社グループの事業領域を明確にした「古河電工グループ ビジョン2030」を策定し、「地球環境を守り、安全・安心・快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社会基盤を創る。」に向けた取り組みを進めています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003198257-O10-0dLtrk6C

 

以上

古河電工_画像_単位長製品重量比較
古河電工_画像_旧南リアス線盛地区
古河電工_画像_三陸鉄道株式会社_陸中野田ー野田玉川間
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ