プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Goodix

Goodixの革新的自動車指紋認証ソリューションが大規模な商品化を達成

AsiaNet 83348(0439)

 
【深セン(中国)2020年3月18日PR Newswire=共同通信JBN】Goodixの自動車用指紋認証ソリューションが18日、新型クーペSUV「Lynk & Co 05」における商品化により初めて一般に公開される。自動車アプリケーションの今後予想される動向に基づいて、Lynk & Coは、同社の新型クーペSUVでさまざまなプレミアムハイテク設計を実証している。そのうち、Goodixの自動車指紋認証ソリューションは、カスタマイズされたドライバープロファイル、設定、スマートロックへのワンプレスのログインとアクセスにより車両における安全な識別を実現する。この革新的ソリューションの一層の応用は、自動車の技術の進化が継続するにつれて、車両のインターネット(Internet of Vehicles、IoV)、自動車警報システムなどの分野で期待される。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200318/2753793-1
(写真説明:Goodixの自動車用指紋認証ソリューションがLynk & Co 05における商品化により初めて一般に公開)(写真提供Lynk & Co)

Goodixの自動車指紋ソリューションは、Lynk & Co 05においてよりスマートなドライバー体験を実現する。一方で、インフォテインメントシステムのワンタッチ識別により、バックミラー、シート、照明、空調、デジタルコックピット、セキュリティー、システムパラメーターをプリセット設定の組み合わせと自動的に調整し、従来の面倒な調整プロセスを取り除くことによりドライバーにシームレスなパーソナライズされた体験を提供することを可能にする。他方、指紋認証は、グローブコンパートメントおよびトランクへの安全なアクセスとして機能し、ユーザーのプライバシーとセキュリティーの懸念を優先させている。このソリューションはまた、複数のユーザーアカウントをサポートし、さまざまなカーシェアリングのシナリオのニーズを満たす。

自動車向けの質の高い技術革新は、その信頼性に対する厳格な要件を満たしている。自動車エレクトロニクスの分野での長年にわたる研究開発(R&D)により、Goodixは自動車メーカーおよびOEMへの完全なハードウエアおよびソフトウエア指紋認証ソリューションを提供することが可能である。チップの設計、生産、パッケージングの試験における業界標準仕様であるAEC-Q100 とIATF 16949の認定を受けているGoodixのソリューションは、温度、湿度、電磁気など厳しい環境影響にもかかわらず品質と安定した指紋認証パフォーマンスを保証することができる。

Goodixの最高技術責任者(CTO)であるボー・ピ博士は「自動車インテリジェンスは上昇傾向にある。われわれは、ヒューマンインターフェース、バイオメトリクス、インターネット・オブ・シングス(IoT)の分野における当社の優れた技術的優位性を引き続き活用し、有名な自動車顧客と共同で革新する意向である。われわれは共同してコネクテッドカー、スマートカー向けの革新的アプリケーションを推進し、世界の消費者により安全で便利でインテリジェントなドライビング体験を提供していく」と述べた。

ソース:Goodix

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ