プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

OANDA

OANDAがマルチアセットプラットフォームのMetaTrader 5を日本で発売

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003188215-O1-9ra73HnO

AsiaNet 83328 (0433)

 
【東京2020年3月18日PR Newswire=共同通信JBN】オンラインマルチアセット取引サービスや通貨データ、分析のグローバルリーダーであるOANDAは、MetaTrader 5 (MT5)の日本での提供を始めた。同社は昨年12月、MT5を最初にデモアカウント保有者に提供しており、このほど日本の顧客がライブアカウントを通じてMetaTrader 5プラットフォームで取引できるようになった。

MetaTrader 5をOANDAの広範な取引プラットフォームに追加するという決定は、顧客からの要請に直接応じたもので、アクティブなトレーダーのニーズに対応し、製品の範囲を拡大するという同社の取り組みを一段と強めた。MT5プラットフォームは、今後数カ月で他の地域でも利用できるようになる。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200317/2753403-1 
(OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO))

OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO)は「オンラインマルチアセット取引サービスのグローバルリーダーであるOANDAは、透明性と整合性を基盤として構築された。当社の24年の歴史の中で、絶え間なく変化する顧客のニーズを満たすために懸命に取り組んできた。それだけに、日本でMetaTrader 5の発売を発表できることをうれしく思う。MetaTrader5は、高度なチャートとテクニカル指標へのアクセスとともに、EAに拡張機能を提供し、最終的に顧客がアルゴリズム取引結果を改善できるようにする」と述べた。

シャイト氏はさらに「当社の広範なプラットフォームにMetaTrader 5を追加することで、顧客に提供する取引体験がさらに向上し、日本における外国FXブローカーのナンバーワンとしての当社の地位が強化されると信じている。顧客の要望に応えて、近く世界中で発売することを楽しみにしている」と述べた。

▽OANDAについて
1996年に創立されたOANDAは、インターネット上において為替レートのデータを無料で提供した最初の企業であり、その5年後にFX取引プラットフォームを立ち上げ、ウェブベースの為替取引の開拓に貢献した。今日、同社はオンラインマルチアセット取引や通貨データ・分析をリテールと企業顧客に提供し、外国為替における他社の追随を許さない専門知識を実証している。世界で最も活発な金融市場の6つで認可組織を有するOANDAは、外国為替ビジネスの変革に尽力し続けている。より詳しい情報はoanda.comを閲覧するか、Twitter、Facebook、YouTubeのフォローを。

ソース:OANDA

添付画像リンク先:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=360105 
(写真説明:OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO))

 

OANDAのクルト・フォム・シャイト最高執行責任者(COO)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ