プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

Tリーグとドコモが「トップパートナー契約」を締結、ならびにTリーグとNTTぷららが映像配信の契約を締結

2020年3月18日

一般社団法人Tリーグ
株式会社NTTドコモ
株式会社NTTぷらら

Tリーグとドコモが「トップパートナー契約」を締結、ならびにTリーグとNTTぷららが映像配信の契約を締結

一般社団法人Tリーグ(以下、Tリーグ)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、スポーツ観戦における新たな体験価値の創造と、スポーツ業界のエコシステム構築などを通じたファン拡大を目的に、2020年4月1日(水)を契約開始日とする「トップパートナー契約※1」を締結しました。併せて、株式会社NTTぷらら(以下、NTTぷらら)は、ノジマTリーグ2019-2020シーズンに引き続き、Tリーグと映像配信に係る契約を締結しました。
契約期間は、どちらも2020-2021シーズンから、2023-2024シーズンまでの4シーズンです。

ドコモとNTTぷららは、卓球「Tリーグ」の開幕当初から、映像配信サービス「dTVチャンネル®」および「ひかりTV」で、公式戦全試合の映像や、AI技術を活用したダイジェスト映像などを配信し、「Tリーグ」の魅力をお伝えしてきました。
今後はTリーグとの「トップパートナー契約」および映像配信の契約に基づき、「Tリーグ」の各種プロモーション活動への協賛に加え、第5世代移動通信方式(以下、5G)、マルチアングル、360度カメラ、XR、AIハイライト※2、自動スタッツ生成※3などの先端技術を活用した公式映像の高度化と観戦体験の最大化、Tリーグの会員IDとドコモの「dアカウント®」との連携によるデジタルマーケティングの推進、公式デジタルサービスの企画・開発などに、Tリーグと共同で取り組みます。これらにより、卓球の魅力を新たな視点から、より多くの方に発信していきます。

Tリーグとドコモ、NTTぷららは、「Tリーグ」のさらなる発展を通じて、日本国内のスポーツ産業の持続的成長に貢献してまいります。

今回の協業概要および契約締結にあたっての各社のコメントは別紙のとおりです。

※1 「トップパートナー」とは、Tリーグのオフィシャルパートナーの区分の中で最上位に位置し、独占権や優先権を保有します。
※2 「AIハイライト」とは、撮影した映像から、AI技術で自動的に生成されたハイライト映像です。
※3 「自動スタッツ生成」とは、撮影した映像から、スタッツ情報(選手、チームのプレー内容に関する統計データ等)を自動的に 生成することです。
*  「dTVチャンネル」「dアカウント」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

協業のイメージ
Tリーグイメージ
左から ドコモ 吉澤、Tリーグ 松下、NTTぷらら 永田
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ