プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

QLCプロデュース株式会社

介護事業所向け請求ソフトシステム「ワイズマンシステムSP」、機能訓練加算算定支援システム「ACE」と連携

2020年3月18日
QLCシステム株式会社

 
介護事業所向け請求ソフトシステム「ワイズマンシステムSP」と
機能訓練加算算定支援システム「ACE」の連携を開始

 
  QLCグループのQLCシステム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:村田 和男、以下「当社」)の提供する通所介護事業所向け機能訓練加算算定支援システム「ACE」(以下「ACE」)は、株式会社ワイズマン(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長:南舘 聡一郎)が提供する介護事業所向け請求システム「ワイズマンシステムSP」(以下「SPシステム」)との連携を開始いたします。

 近年、深刻な人手不足や人件費の負担増により、専門職専従の難しさや、業務負担に悩みを抱えている介護事業所が増加しています。
 そうした背景の下、介護事業所では介護職員様の業務効率化、利用者確保のためのサービス満足度向上並びに各種加算算定による経営安定化のニーズが高まっております。
 「ACE」は、標準プログラムの提供や計画書等の作成業務の効率化により、従来専門知識を保有するPT・OT・ST等の専門職が実施していた機能訓練業務を現在従事している看護職員(機能訓練指導員)様で実施できるように支援し、「個別機能訓練加算Ⅱ」及び「口腔機能向上加算」の加算算定をサポートするサービスです。
 当社は、SPシステムと「ACE」の連携により、機能訓練による利用者の満足度向上、介護職員様の業務負担軽減並びに加算算定による介護事業者様の経営の安定化支援に取り組んで参ります。

 
販売開始 2020年2月

■ 商品名:機能訓練加算算定支援システム ACE

■ 対象サービス:通所介護サービス

 
【サービス詳細】
機能訓練加算算定支援システム「ACE」を導入することにより、通所介護事業所の加算「個別機能訓練加算Ⅱ」「口腔機能向上加算」の算定が可能となります。
また、デイサービス管理システムSPの利用者情報やスタッフ情報と「ACE」の利用者情報の連携により、双方のシステムへ利用者情報の二重入力によるミスを防ぐことが可能となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003178130-O3-254e1IFa

【主な特徴】
■ 訓練プログラム立案を自動化 
専門職(PT・OT等)が実施する問診を機能として実装するため、現在従事している看護職員(機能訓練指導員)様で利用者様一人ひとりに適切な機能訓練プログラムを立案・実施できます。

■ 各帳票の作成時間を大幅に削減 
問診結果の自動反映と、推奨の文章を選択することで、各帳票の作成時間を削減する事ができます。また、評価結果によって、利用者に適した訓練プログラムが自動で作成されます。

■ 算定要件を満たすための運用管理
利用者ごとに必要な帳票と作成期限の確認ができます。また、期限までの来所回数が表示され、アセスメントやモニタリングの実施漏れを防止することで、確実な加算請求が可能となり、返戻防止につながります。

 
【ワイズマンシステムSPについて】
介護施設・事業所様や、障がい者施設・事業所様の業務をサポートする「介護・福祉ソリューション」。
ICT化による業務の効率化や情報管理などを支援しています。安心で確かな製品力と信頼のサポートで多くのお客様に支持され、44,000件以上※の実績で全国トップシェアを獲得しています。※2020年1月現在
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003178130-O2-5w4mtRB9

【ACEについて】
ACE(エース)は、通所介護事業所を全国で150事業所運営・管理するQLCグループが「誰にでも」「簡単に」「安心して」機能訓練加算を導入することができるよう開発した加算算定支援システムです。
 現在、全国で800事業所・8万人以上の利用者様がACEを活用して機能訓練を実施しております。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003178130-O1-8c555YHS

【QLCシステム株式会社】
 名 称:QLCシステム株式会社 (英語名:QLC System co.Ltd. )
 所在地:東京都品川区⻄五反⽥1丁⽬3-8 五反田PLACE4階
 代表者:代表取締役 村田 和男
 会社設立:2011年6月
 資本金: 900万円
 従業員数:20名(2019年4月2日現在)
 事業内容:介護システム開発・販売
 URL:https://www.qlc-sys.jp/

ACEロゴ
ワイズマンシステムSPロゴ
サービス詳細イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ