プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

RF International Holdings

RF International Holdingsは3人の創設者・3カ国・16カ月だけで金融業界をディスラプトできる

AsiaNet 83293 (0421)

 
【シンガポール2020年3月17日PR Newswire=共同通信JBN】アジア初の統合デジタルファイナンスおよびキャピタルマーケット・エコシステムに関するRF International Holdings独自ビジョンが具体化し始めている。

新しいテクノロジー主導の統合デジタル金融グループであるシンガポールのRF International Holdings(RFIH、ないしは同グループと表記)は、アジア初の統合デジタルファイナンスおよびキャピタルマーケット・エコシステムを構築する第1段階と第2段階を完了したと発表した。この発表に先立ち、同グループはSGXとTemasek Holdingsの子会社Heliconiaに次いで2019年4月に戦略的な300万米ドルをiSTOXに投資し、さらに同グループ子会社のRF Fund Managementは2020年2月にグループ初のMAS認定ファンドマネジメント企業ステータス(https://bit.ly/38PUxDn )を獲得した。

3人の創設者と16カ月-。MAS RFMCステータスとMAS認定DLTベースのデジタルアセットキャピタルマーケットプラットフォームがあれば、デジタルエコノミー分野でRFIHを創設するには、これだけで十分だった。

アジア初の統合デジタル金融エコシステムの創設は、持続可能な資金調達および機会の新しいモデルを開始させる。投資家、発行人、さまざまなサービスプロバイダーを革新的なテクノロジーを通じて結び付ける統合システムによって、RFIHは効率性を向上させるとともに、法規制の順守を平易にすることを目指している。これにより、極めて魅力的なプライベートエクイティー投資収益と、規制の枠組みとAIを利用した革新的なビジネスモデルが実現される。

同グループのビンセント・リン・H執行会長は「RFIHは、財務、金融、資本市場、新興テクノロジーにおける先見の明があり、中国、日本、シンガポールで地位を確立した4人のリーダーによって舵取りされている。このグループはそれぞれの国に進出し、新しいデジタルプラットフォームを開発し、『アジアのゴールデントライアングル』を通じてコミュニティーに恩恵をもたらしている」と語った。

同グループのエリック・ネオ・S・W最高経営責任者(CEO)は「現在、第2段階が達成された。われわれはフェーズ2.1を開始して、中国、日本、シンガポール、その他のASEAN諸国におけるわれわれの国際的なネットワークを強化し、マルチファミリーオフィスを開設するとともに、デジタル重視の初の5000万米ドルプライベートエクイティーファンドを開始する」と語った。
同グループのアラン・チャン・C・H最高執行責任者(COO)は「MASステータスの認可はグループの10年間のマスタープランにおいて極めて大きな初期マイルストーンである」と語った。
エリック・ネオ・S・W氏は「われわれは同じ考えを持つすべての投資家を招き、未来を再定義する」と語った。

▽RF International Holdingsの創設者、ディレクターのプロフィル
ビンセント・リン・H氏は共同創設者兼グループ執行会長。貴州出身のビンセント・リン・Hは初期段階の画期的なテクノロジー企業に投資するプライベートエクイティーに精通している。

エリック・ネオ・S・W氏は共同創設者兼グループCEO。シンガポール人のエリック・ネオ・S・W氏は2018年にRFIHに参加する前、2014年にアジア初の「Trading-Atrium」であるNeo & Partners Globalを創設した。Neo & PartnersはNS MARK(ゴールド)と高名な最高栄誉のTotal Defence Awards、NS Advocate Award(SMEs)2017など、国家レベルのアクレディテーションを受賞した。

アラン・チャン・C・H氏は共同創設者兼グループCOO。マレーシア出身のアラン・チャン・C氏はマレーシアおよびシンガポールの国際企業の外部および内部監査で20年以上の経験と、シンガポールおよび香港の証券取引所での新規株式公開で企業を支援した広範な経験を有している。

カワヤナギ・キヨヒロはRFIのディレクターで、クロスボーダー投資の専門家である。彼はRFIHに加わる前には、フォーソン・グループ、中植産業ファンド、大和証券などグローバル企業で投資及びMAチームの責任者を務めた。

▽RF International Holdingsについて
RF International Holdings(RFIH)は、シンガポールを本拠とするテクノロジー主導のグローバルな統合デジタル金融グループで、インベストメントマネジメント、デジタルアセット、プライベートエクイティー、アセットマネジメント、キャピタルマーケット、クレジット、不動産、インフラストラクチャー、エネルギーリアルアセット、スペシャルシチュエーションに注力している。RFIHは、財務、金融、キャピタルマーケット、テクノロジーのセクターで50年以上の経験を有するビジョンに富んだリーダーによって舵取りされている。RFIHは、金融市場の将来を定義し、コミュニティーに恩恵をもたらすことを目的にしている。

子会社のRF Fund Managementは、シンガポール金融管理局(MAS)登録ファンドマネジメント会社である。

詳細はウェブサイトhttps://www.rf.com.sg/ またはhttps://www.linkedin.com/company/rfih/ を参照。

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200313/2749387-1LOGO

ソース:RF International Holdings

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ