プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FXC株式会社

最新導入事例:大分県日田市役所

大分県日田市役所様にFXC製L2+スイッチを導入頂きました

2020年3月17日
FXC株式会社

FXC株式会(本社:東京都台東区、代表取締役:谷輪 重之)は、 大分県日田市役所様に、FXC製のL2+管理機能付スタッカブルスイッチ及びSFPモジュールをご導入いただきました。
導入に至った経緯や選定ポイントなど詳しくはレポートを是非ご覧ください。

◆導入事例:大分県日田市役所
https://www.fxc.jp/case_study/HitaCityHall.html

【お客様Profile】
 大分県日田市役所 
 https://www.city.hita.oita.jp/

大分県日田市は、人口64,912人(2019年11月当時)の、福岡県と熊本県に隣接した北部九州のほぼ中央、大分県の西部に位置。美しい山々に囲まれた面積666.03平方キロメートルの町です。
古くから北部九州の各地を結ぶ交通の要衝として栄え、九州の政治・経済・文化の中心地として発展しました。

【導入背景】
 機器の老朽化対策と更なるネットワークの安定性を構築するためリプレイスを検討

【導入製品】
 48ポート 10/100/1000Mbps L2+管理機能付スタッカブルスイッチ「FXC6552」20台
 Giga SFP モジュール「MGB-LX」26台

【選定理由】
 ・以前から利用していたFXC製のスイッチは、耐久性や動作の安定性が高く、
    今回のリプレイスにあたっても、FXC製のスイッチを選定
 ・「FXC6552」は、他社製のメインスイッチとも相性が良く、安定したネットワークを構築できる 

【導入効果】
 ・導入以来、故障やトラブルはなく、問題なく使用
 ・ループ発生時に、「FXC6552」のループガード機能により、トラブルを未然に防止することができた

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ