プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

山形県

山形県初のご当地サーモン「ニジサクラ」をお披露目、令和4年度の本格デビューを目指します

~育てやすく大きい「ニジマス」の特徴と、県魚「サクラマス」の上品な食味を併せ持つブランドサーモン~

2020年3月17日
山形県

山形県は、県内初となるご当地サーモン「ニジサクラ」をお披露目しました。
今後、養殖業者や飲食店等と連携して生産拡大とブランド化に取り組み、令和4年度の本格デビューを目指します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003138021-O2-Njp5570B

「ニジサクラ」は、「ニジマス」並みに育てやすく成長の良い大型マスでありながら、身の色は鮮やかなサーモンピンクで適度に脂が乗り、「サクラマス」の上品な食味を併せ持っています。まさに両方の魚の特徴のいいとこ取りをした、期待のご当地サーモンです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003138021-O3-4391KrZn

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003138021-O4-M8oQG266

現在、全国にご当地サーモンは50種類以上とも100種類以上あるとも言われ、ブーム化しつつあります。しかしながら、高級食材としての強いブランド力を持ち、県の魚である「サクラマス」と、山形県が養殖発祥の地の一つという長い歴史を持つ「ニジマス」との組み合わせは全国唯一であり、先行県と十分に差別化できるものと考えています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003138021-O5-6EvqaS9z

「ニジサクラ」は県の内水面水産試験場が中心となり開発され、現在は、県内の3つの民間養殖場で試験養殖されています。今後、試験出荷やPRを進めながら、年間を通して出荷することができるよう生産を拡大し、令和4年度に、山形県内の温泉旅館やホテル、飲食店などで本格販売される予定です。

【この件に関するお問い合わせ先】
[部局・課名]:農林水産部水産振興課
[担当者職・氏名]:課長補佐(水産加工・流通)星川知昭
[TEL]:023-630-2445

ニジサクラ
「ニジサクラ」の名称を発表する吉村美栄子知事
ニジサクラの炙り
ニジサクラのポワレ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ