プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人ACジャパン

第16回ACジャパン広告学生賞入賞作品決定

2020年3月16日

公益社団法人ACジャパン

第16回ACジャパン広告学生賞入賞作品決定
ー「テレビCM部門」「新聞広告部門」共に、
 18歳選挙権をテーマにした作品がグランプリを受賞

   公益社団法人ACジャパン(理事長 藤重貞慶)は、第16回「ACジャ
パン広告学生賞」の入賞作品を下記の通り決定しました。
 ACジャパン広告学生賞は、学生を対象に公共広告をテーマにした広告
作品を募集・表彰し、公共広告への理解と社会に関わる「公」の意識を育む
ことを目的とした賞で、今回で16回目を迎えます。「テレビCM部門」
「新聞広告部門」の両部門で募集を行い、今年度「テレビCM部門」では
参加校36校(前年度29校)・283作品(前年度201作品)の応募
があり、「新聞広告部門」では参加校29校(前年度23校)・497
作品(前年度451作品)の応募がありました。
 審査は「公共広告として優れており、人々に興味や気づきを感じさせる
作品か」「学生ならではの感性や、オリジナリティ溢れるアイデア・テー
マ性があるか」等を視点に行われ、その結果「テレビCM部門」では、
幼少期からの成長の過程と選挙をテーマにした『いままでとこれから』
(長岡造形大学、制作代表者:松岡風花さん)がグランプリを、乳がん
検診の促進をテーマにした『笑顔を守る』(武蔵野美術大学、制作代表者:
須藤里彩さん)が準グランプリBS民放賞を受賞しました。
「新聞広告部門」では、「テレビCM部門」と同様18歳選挙権をテーマに
した『タピのち、投票。』(相模女子大学、制作者:坂上華梨さん)が
グランプリを、母親の仕事を題材に性別による役割分業をテーマにした
『お母さんという者です』(東北芸術工科大学、制作者:櫻井里菜さん)が
準グランプリを受賞しました。
 「テレビCM部門」の2作品(30秒)はBS民放8局で、「新聞広告
部門」の2作品(全15段)は全国紙5紙で、各々ACジャパン広告学生賞
受賞作品として、7月からの1年間の間に放送・掲載される予定です。 
 その他両部門で、審査員特別賞、優秀賞、奨励賞の各賞が決定しています。      
        
               記

第16回ACジャパン広告学生賞
1.主催:公益社団法人 ACジャパン
2.後援:BS日本、BS朝日、BS-TBS、BSテレビ東京、
     BSフジ、WOWOW、BS11、BS12 トゥエルビ、
     朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、
     産経新聞社
3.受賞作品:
  「テレビCM部門」
    ・グランプリ 1点
      『いままでとこれから』   テーマ:選挙
        長岡造形大学   制作代表者:松岡風花
       《企画意図》 
       ・母がとっておいてくれた幼少期の絵から、現在の絵まで
        の成長の過程を表現したアニメーションを制作しました。
        自分の成長とともにいままでの生活を振り返って、これ
        からの生活をどんなものにするかを、大人になって選挙
        権を獲得した今、自分たちで考えて行動していかなければ
        ならないと思い、制作しました。
       《審査員講評》
       ・希望を感じる表現で投票というテーマを自分ごと化して
        いる。18歳には18歳なりの歴史があるというメッセー
        ジもある。アニメーションがきちんとメッセージにつな
        がる。若い人が「当事者として発信」しているのが凄く
        良い。
    ・準グランプリBS民放賞 1点
      『笑顔を守る』       テーマ:乳がん検診の促進
        武蔵野美術大学  制作代表者:須藤 里彩
       《企画意図》
       ・女性の11人に1人がなるとされている乳がんに着目しま
        した。ピンクリボンなどの啓発運動が行われていますが、
        女性の中で疾患数が一番多いがんは乳がんです。そこで
        今一度多くの女性に乳がんという病気を知ってもらい、
        定期的な検診そして早期発見が大切であるということを
        伝えたいと思い制作しました。
       《審査員講評》
       ・エモーショナルな表現。コピーも強く、印象に残る。
        ナレーションも端的、シンプルで判りやすい。ラストに
        向けての演出が良い。ただ検診を促すだけでなく、自分の
        大切な事を守るためという表現が良い。   
    ・審査員特別賞 4点
      『やみくも就活』        テーマ:就活
        日本大学芸術学部      制作代表者:村上 実紗子
      『あいちゃんの絵日記』     テーマ:虐待
        武蔵野美術大学         制作代表者:小路 咲
      『表現の自由ってなんだろう。』 テーマ:表現の自由
        玉川大学            制作代表者:池田 大幾
      『日常にある不登校』      テーマ:不登校
        東京工科大学 デザイン学部   制作代表者:本間 拓光
    ・優秀賞    21点
    ・奨励賞    23点
  「新聞広告部門」
    ・グランプリ   1点
      『タピのち、投票。』     テーマ:18歳選挙権
        相模女子大学       制作者:坂上 華梨 
       《企画意図》
       ・未来の日本を決めるのは私達若者です。しかし若者の
        投票率は年々下がりつつあります。そこで今まで投票
        したことない人にも、選挙をもっと身近に感じてほしい
        と思い、ゆるく、女子高校生の気持ちで仕上げました。
       《審査員講評》
       ・ゆるい表現だが伝わる、判りやすい。軽いノリの方が
        若者には共感できるのかも。新聞紙面に掲載されたら
        衝撃的かもしれない。 
    ・準グランプリ 1点
      『お母さんという者です』    テーマ:性別役割分業
        東北芸術工科大学    制作者:櫻井 里菜
       《企画意図》  
       ・お母さんだから、という無意識に役割を押し付けている
        社会はおかしいと訴えたいという狙い。また「父親は外
        で働いているのだから、家のことは母親の役目」という
        考えから、では「お母さん」が本当に「仕事」だったら?
        果たして母親に家事を無闇矢鱈に押し付けようとする
        だろうか。
       《審査員講評》
       ・ACらしい広告。風刺が効いている。デザインが良い。
        あらためて「お母さん」について考えさせられる広告。          
    ・審査員特別賞 6点
      『おんなのこなんだから』   テーマ:ジェンダー
        東北芸術工科大学    制作者:佐藤 冶耶
      『知っておいて欲しいこと』 テーマ:ヘアドネーション
        相模女子大学      制作者:渡辺 千春
      『ちょっとの光』      テーマ:スマートフォンのマナー
        多摩美術大学      制作者:砂田 肇
      『消えゆく動物』      テーマ:地球温暖化
        尚美学園大学      制作者:ファム ウー ナム ズオン
      『原因は、ただの小さい出来事』  テーマ:自殺問題
        京都造形芸術大学    制作者:chen howen
      『白杖』          テーマ:白杖SOSシグナル
        京都造形芸術大学    制作者:藤 うらら
    ・優秀賞    17点
    ・奨励賞     16点

                             以上

※ACジャパンについて
・公益社団法人ACジャパンは、1971年に関西公共広告機構として
設立されました。1974年に社団法人公共広告機構となり、2009年
にACジャパンと名称変更しました。「公共マナー」や「環境問題」など、
社会にとって有益と思われるメッセージを、さまざまな広告の形で発信する
ことにより、社会と公共の福祉に貢献することを目標として活動する民間の
組織で、活動は約1000社の会員社や個人会員からの会費を基に運営され
ています。
会員メディアからの広告枠の無償提供と、会員広告会社からの表現アイデア
の提供が運営における最大の特徴で、日本全国の多くの民間企業が参加する
ボランティア活動の公益性の高さが認められ、2011年に公益社団法人に
なりました。

 http://www.ad-c.or.jp

「テレビCM部門」グランプリ 『いままでとこれから』
「テレビCM部門」準グランプリBS民放賞 『笑顔を守る』
「新聞広告部門」グランプリ 『タピのち、投票。』
「新聞広告部門」準グランプリ 『お母さんという者です』
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ