プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社紀伊國屋書店

【新型コロナウイルス対応】電子図書館サービス導入館向けにコンテンツを期間限定で無償提供

新型コロナウイルス感染拡大の影響による小中学校、高等学校、特別支援学校の臨時休校の事態を受けて

2020年3月13日
株式会社紀伊國屋書店

【新型コロナウイルス対応】 紀伊國屋書店 電子図書館サービス導入館向けにコンテンツを期間限定で無償提供

 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井昌史)は、2020年3月9日(月)より、提供する電子図書館「LibrariE」で、新型コロナウイルス感染拡大の影響による小中学校、高等学校、特別支援学校の臨時休校の事態に際し、「LibrariE」を導入している学校図書館に対し、期間限定で特定コンテンツを無償でご提供しています。

【無償提供の概要】
対象期間:2020年4月5日(日)まで
配信作品:「角川つばさ文庫」ほか100点
日本電子図書館サービス及びKADOKAWAの協力のもと、「角川つばさ文庫」ほか100点を提供致します。
配信形態:マルチライセンス(同時接続可能)※貸出数の制限はありません

 
【電子図書館「LibrariE」について】
紀伊國屋書店では2007年から学術書を中心とした電子図書館事業を展開しており、2015年より販売を開始した一般書中心の電子図書館「LibrariE」は2020年3月現在で大学59館、学校33館に導入されています。
「LibrariE」は、教育へのICT活用の重要性が高まる中、読書と学びの新たな可能性を開くクラウド型電子図書館サービスとして関心を集めています。新刊小説、英語多読書、実用書、問題集など55,000点以上を搭載、購入したタイトルをモバイル端末やPCなどから自由に閲覧できます。音声読み上げ機能など、Webアクセシビリティにも配慮されています。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003127972-O4-wHJxI1xf

 

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003127972-O5-4ZfBqjju

 

 
無償提供作品一覧
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003127972-O8-gw4l8x2N

電子図書館「LibrariE」画面イメージ
提供コンテンツ展開例
無償提供作品一覧
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ