プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Tongwei Solar

Tongweiの大きな変化:3年後の目標は100GW

AsiaNet 83268 (0403)

 
【成都(中国)2020年3月12日PR Newswire=共同通信JBN】2月11日、中国の上場太陽光発電(PV)会社Tongwei Co., Ltd.は2つの発表を行った。高純度結晶シリコン・太陽電池事業の2020-2023年開発計画と年間30ギガワット(GW)の能力を持つ高効率太陽電池・補助プロジェクトの投資・構築に関する発表で、業界を驚かせた。

Tongweiは中期開発計画に関する発表の中で、高純度結晶シリコン事業の累積生産能力の目標が2020年は8万トン、2021年は11万5000-15万トン、2022年は15万-22万トン、2023年は22万-29万トンであることを明らかにしている。単結晶材料は85%以上、N型材料は40%-80%を占める。生産コストとキャッシュコストはそれぞれ1トン当たり3万-4万元、1トン当たり2万-3万元であり、生産能力コストは激減する。

さらに、太陽電池事業の累積生産能力の目標は次の通りである。2020年は30-40GW、2021年は40-60GW、2022年は60-80GW、2023年は80-100GW。戦略的レイアウトはPerc+、Topcon、HJT、その他の新製品に焦点を合わせ、これらはSeries 210およびそれより下位のものの全ての仕様に対応する。Percのシリコン以外のコストは1ワット(W)当たり0.18元を下回る。

2番目の発表によると、Tongwei Co., Ltd.と子会社のTongwei Solar Co., Ltd.は、成都市金堂県で年間30GWの能力を持つ高効率太陽電池・補助プロジェクトを構築するため、成都市金堂県人民政府との間でPV産業基盤のための投資協定に調印する計画である。このプロジェクトは、見積もりによれば、総額200億元の投資によって段階的に実行される。第1段階の7.5GWプロジェクトは今年3月以前に開始され、2021年中に完成、稼働する。後続プロジェクトは徐々に完成し、市場の需要に基づいて今後3-5年のうちに稼働する。

市場で主流の電池の現行価格に基づく推定では、30GWの高効率太陽電池プロジェクトが完成し、稼働すれば、同社に年間300億元の営業利益をもたらすことになる。

ソース:Tongwei Solar

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ