プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FINANTIX合同会社

FINANTIXによるスイスのAI&データサイエンス企業 InCube買収の合意についてのお知らせ

FINANTIXによるスイスのAI&データサイエンス企業 InCube買収の合意についてのお知らせ

2020年3月10日
FINANTIX

FINANTIX(フィナンティクス)によるスイスのウェルスマネジメントおよび生命保険業務領域におけるAI&データサイエンス企業 InCube買収の合意についてのお知らせ

ロンドン、チューリッヒ:プライベートバンキング、ウェルスマネジメント、証券業務および生命保険業務のデジタル化ソリューション・ソフトウェアを世界45カ国以上のお客様に提供するイタリアのフィンテック企業FINANTIX(フィナンティクス、本社:ヴェニス,イタリアCEO:RalfEmmerich)は、2020年3月10日、ウェルスマネジメント、証券業務および生命保険業務分野にAIによるデータ・ドリブン・ソリューションを提供するテクノロジー企業InCubeGroup AG(チューリッヒ、スイス)の買収に合意しましたことをお知らせ致します。

この統合による狙いは以下の通りです。
・InCubeのA I、ロボティクス、コグニティブ・テクノロジーによる従来からのFINANTIXソリューション・プラットフォームの強化
・FINANTIXとInCubeのチーム統合によるインダストリー・ナレッジのさらなる深化(InCubeチームの多くはETH Zurich、HSG St. Gallenの卒業生)
・スイスをはじめとした各国におけるウェルスマネジメント、証券業務および生命保険業務分野でのFINANTIXのプレゼンスの強化
・InCubeのA Iによるデータ・ドリブン・ソリューションによる、より広いマーケットへのリーチ

FINANTIXのチーフ・コマーシャル・オフィサークリスティン・シリアニは
「弊社はInCubeをFINANTIXファミリーに迎えられることを大変楽しみにしています。この統合により弊社製品のAIベースのインサイト提供およびパーソナリゼーション機能の強化を加速させます。両社は多くの価値を共有し共通のビジョンを持つことから、この買収はベストマッチと考えています。
まず、お客様ニーズに焦点を当て、継続的に増大するデータをビジネスに活用可能な形に変換するサポートをしていきます。InCubeのAIベース製品および豊富なデータサイエンスの経験/専門知識とFINANTIXの包括的な製品/サービス提供を組み合わせることにより、データドリブンの時代において、弊社のお客様は更なるイノベーションに必要な機能を持つプラットフォームをご利用頂ける様になります」
と述べています。
Gartnerreport*でも言及されております通り、AIベースのツール利用は金融業界でも急速に普及していますが、多くの金融機関にとって、AIベースのアプリケーションによる顧客体験のイノベーションはそこから顧客に多くの直接的利益をもたらすことが可能であるため、ビジネスの最優先事項の一つとして捉えられております。

InCubeの共同設立者でパートナーのDr.Boris Rankovは
「金融機関は過去、類を見ない大量のデータと対峙しています。データがタイムリーに正しく処理され、実行可能なインサイトとパーソナライズされた体験を創出する事が重要です。我々は、この統合により、このビジョンのより優れた実現が可能になると信じています。FINANTIXのエンタープライズレベルの技術、継続的な研究開発投資、そしてアジアパシフィック及び欧州にわたるお客様の拡大は、InCubeの既存製品、提供するサービス及び専門性を最適な形で補完します。」
と述べています。

FINANTIXはMotivePartnersの支援により、継続的に欧州、アジアパシフィック、日本、及び北米で業務を拡大していきます。FINANTIX製品によりファイナンシャル・アドバイザーは営業プロセスの高度化、効率化を進め、より質の高いアドバイザリー業務が可能となります。
以上

*CoolVendors in AI for Banking and Investment Services, Moutusi Sau et al,April 2019
<https://www.gartner.com/en/documents/3909052/cool-vendors-in-ai-for-banking-and-investment-services>

FINANTIXについて
FINANTIXは、プライベートバンク、銀行、証券会社、生命保険会社、ウェルスマネジメント会社のお客様に革新的なソフトウェアを提供するグローバル・リーディング・サプライヤーです。45カ国以上にお客様を持ち、ヨーロッパ、北米、アジアのオフィスでサポートされている主力製品FINANTIXComponents product suiteを15年以上にわたり提供しています。
FINANTIXComponents productsuiteは、複数のグローバルレベルのプライベートバンク、銀行、証券会社、生命保険会社、ウェルスマネジメント会社などの金融機関でご利用頂いております。
本製品ではマルチカントリー、マルチリージョン、マルチチャンネル、オムニデバイスで利用可能なソフトウェアモジュール、ウィジェット、エンジン、コネクタ、APIなどを提供し、金融サービス業界におけるデジタルトランスフォーメーションを支援しています。
www.FINANTIX.com
Followus:
Twitter @FINANTIX_FS
LinkedIn https://www.linkedin.com/company/FINANTIX/

InCubeについて
InCubeはスイスに本社を置く、ウェルスマネジメントと保険業務を専門とする金融テクノロジー企業です。我々はデータドリブンのAIベース製品やAIベースデジタルソリューションを提供し、投資プロセス高度化や金融アドバイスのパーソナライズを支援します。弊社は高度なスキルを持つデータサイエンティスト、金融及びテクノロジーの専門家チームがAIベースエンジンやAIでエンパワーされたソリューションを設計し、弊社のお客様がデータからビジネスバリューを利用する支援を行いオペレーションの生産性向上やインテリジェントな助言を行います。
www.incubegroup.com
Followus:
Twitter@InCube_Group
LinkedInhttps://www.linkedin.com/company/incube-group/

FTX_Logo_black_rgb
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ