プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hengtong Rockley Technology Co. Ltd.

Hengtong Rockleyが400G DR4シリコンフォトニクス光トランシーバーモジュールを発表

AsiaNet 83236 (0390)

 
【蘇州(中国)2020年3月10日PR Newswire=共同通信JBN】Hengtong Rockley Technology Co. Ltd.は、次世代データセンターネットワーク向けにシリコンフォトニクス技術をベースとする400G QSFP-DD DR4光モジュールのリリースを発表した。Hengtong Rockleyは、2020年3月10日から3月12日まで米カリフォルニア州サンディエゴで開催されるOFC展示会でライブデモを行う。新しい400G QSFP-DDモジュールは、Hengtong Rockleyが発表した初の400Gシリコンフォトニクス光モジュール製品だ。DR4光モジュールは、低コストで低消費電力の光接続ソリューションとして、スイッチ間接続向けのクラウド規模の次世代データセンターネットワークで使用される。400Gトランシーバーの展開により、データセンターネットワークは、100Gを使用する既存の展開と比べ、ネットワーク速度を4倍に向上できる。

Hengtong Rockleyの400G QSFP-DD DR4モジュールは、業界最先端の7nm DSPチップを使用している。トランシーバーの主要な構成要素である光チップセットはRockley Photonics, Ltd. が製造している。同社もHengtong Rockley 400G DR4トランシーバーで使用されるシリコンフォトニクスTXおよびRX PICチップセットを、OFCのブースでライブデモする。Rockleyのシリコンフォトニクス技術は、光学サブアセンブリーの必要性を大幅に削減するために、パッシブおよびアクティブ光学コンポーネントを統合するだけでなく、ファイバー結合を容易にする特別な設計を導入している。光源とファイバーアレイ向けに自動化されたパッシブ・アライメントプロセスにより、光モジュールの製造プロセスが簡素化され、大量生産に適したものになった。

Hengtong Rockley Technology Co., Ltd.は、中国のHengtong Optic-Electric Co., Ltd.と英国のRockley Photonics Limitedが設立した合弁会社だ。Hengtong Rockleyは、ハイエンドの光モジュールを設計および製造している。また、光モジュールの設計と製造の競争力を向上させるため、シリコンフォトニクス・チップの設計とその統合、パッケージング、試験にも取り組んでいる。

ソース:Hengtong Rockley Technology Co., Ltd.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ