プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Open Compute Project Foundation

バーチャルで開催:OCPが2020 OCP Global Summitの変更を発表

AsiaNet 83189 (0367)

 
【オースティン(米テキサス州)2020年3月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界的な健康不安が高まる中、OCPはサミットを5月11日の週のオンライン開催に変更

増大するコンピュートインフラストラクチャーへの需要を効率的にサポートするため、ハードウエアテクノロジーの再設計に重点を置くコラボレーションコミュニティーのOpen Compute Project Foundation(オープンコンピュートプロジェクト財団、OCP)(https://www.opencompute.org )は6日、2020 OCP Global Summitを5月11日の週に開催される仮想イベントとして変更する計画を発表した。この決定は、COVID-19をめぐる世界的な健康危機の高まりと関連の旅行制限を受けて下された。仮想化することにより、OCPは、参加者や出展者、スポンサーが潜在的に自分たちの健康を危険にさらすことなく、なおもSummitの恩恵を享受できることを保証する。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1018821/OCP_Logo.jpg

OCP Virtual Global Summitは、基調セッション、エグゼクティブトラック、Expo Hallトーク付きのExpo Hall、Engineering Workshops、OCP Experience Centerおよび OCP Future Technologies Symposiumを含むGlobal Summitの全ての主要構成要素を組み込む一方で、世界中のどこからでもアクセスできるリッチなインタラクティブ体験となる。この形式により、Q&A、パネルディスカッション、ライブチャット、およびSummitで期待される主要後援者との1対1のコネクションのための機能が強化され、より多くのオーディエンスにリーチすることができる。

Open Compute Project Foundationのビル・カーター最高技術責任者は「Global Summitを仮想イベントとして計画を変更するというわれわれの決定は、簡単なものではなかった。最終的に、それがわれわれのコミュニティーにとって最良の決定であり、オンサイトで発生することになっていた全ての重要なネットワーキングと教育がより便利で安全な環境で行われるということを決定した。われわれは、メンバーやコミュニティーのリーダーがこのイベントに投入するハードワークを活用し、われわれの任務を引き続き遂行できることを喜んでいる」と語った。

OCPは、スポンサーが追加費用なしでこのイベントにコミットメントを適用できるようにする。OCPはこのイベント開催の追加費用を負担する。

5月11日の週に開催されるOCP Virtual Global Summitに関する最新情報はwww.opencompute.org を参照。

▽Open Compute Project Foundation(OCP)について
Open Compute Project Foundation(OCP)は、オープンソースとオープンコラボレーションの恩恵をハードウエアにもたらし、データセンターのネットワーク機器、汎用・GPUサーバー、ストレージデバイス・アプライアンス、およびスケーラブルなラック設計におけるイノベーション、またその周辺のイノベーションのペースを加速することを使命として、2011年に立ち上げられた。OCPのコラボレーションモデルは、データセンター以外にも適用されつつあり、通信業界とEDGEインフラストラクチャーの発展を支援している。www.opencompute.org

ソース:Open Compute Project Foundation

▽問い合わせ先
OCP
Dirk Van Slyke
Open Compute Project Foundation
1 (281) 667-4644
dirkv@opencompute.org

▽メディア問い合わせ先
Jaymie Scotto & Associates (JSA)
1-866-695-3629 ext. 11
jsa_ocp@jsa.net

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ