プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社タカラトミー

「キミだけのともだち ドラえもん with U」2020年8月8日(土)発売

ドラえもんがおうちにやってきた!プログラミングで自分だけの「ドラえもん」と遊ぼう!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、ロボット玩具 「オムニボット」シリーズ(※1)の新商品として、おしゃべりやプログラミングが楽しめる「ドラえもん」型のコミュニケーションロボット「キミだけのともだち ドラえもんwith U」(希望小売価格 19,800円/税抜き)を、2020年8月8日(土)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、一部の書店、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp/shop/等にて発売いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O1-6BQ8mWn2
 
 本商品は、「ドラえもんがおうちにやってきた!」というコンセプトの基、「ドラえもんと話したい・遊びたい」といった夢や憧れを叶える商品として企画しました。
 様々なセンサーを活用することで多彩なコミュニケーションや感情表現を実現し、さらに時計・ カレンダー機能により季節や時間に関するセリフも話すため、365日一緒に楽しむことができます。
 また、付属のカードを使って「ドラえもん」のおしゃべりや仕草をプログラミングすることが可能です。4,000通り以上のプログラムを作成することができ、自分だけの「ドラえもん」にカスタマイズできます。
 「ドラえもん」との生活を楽しんでいただくとともに、未来を担う子どもたちにプログラミングの  思考を育んでほしいという思いを込めています。

 
【商品の特徴】

■約1,500フレーズのおしゃべり機能
「いってきます」「いま何時」「どらやき」「ねずみ」などの計15ワードを認識して様々なおしゃべりをしてくれます。おしゃべり機能のフレーズは約1,500種で、ひみつ道具や季節に応じたセリフなどを、アニメでおなじみの「ドラえもん」の声でおしゃべりします。
セリフ例:
・「どこでもドア~!このドアを開けるだけで、行きたいところへ、どこへでも行くことができるよ。」
・「ひな祭りだね!のび太くんはしずかちゃんのおうちでひな祭りかな?」
・「がんばれ!人にできてキミにできないなんてこと、あるもんか!」

■「ドラえもん」との多彩なコミュニケーション
様々なセンサーを活用することで多彩なコミュニケーションを実現しています。話しかけたり、なでたり、ゆらすことで様々な反応をします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O2-35XrZZ20
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O3-le92G9pA
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O5-9egkr0fV

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O6-Ep3V5H6j

■様々な感情表現
目がカラー液晶になっており、27パターンの目の表情で、おしゃべりや状況に応じて表情が変わります。また、両腕が上下に動き、ボディが左右に回転して動くことで、バンザイして大喜びしている様子や、驚いてあたふたしている様子など多彩な感情表現を実現しています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O16-7Ra04X7y

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O7-gDMNzkgl

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O9-Y0htWNfo

■4,000通り以上のプログラミング
付属のカード(全63枚)をスキャンし、おしゃべりやプログラミングを楽しむことができます。セリフカードや表情カード、アクションカードの組み合わせで4,000通り以上のプログラミングをすることができます。「ドラえもん」の各種センサーの反応や「おはよう」などの音声認識の反応をプログラミングできる「もしもボックス」や、決めた時間に「ドラえもん」が行動する「スケジュールどけい」などがあります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O8-KTsj4n6q
もしもボックス  スケジュールどけい  ムードもりあげ楽団  アンキパン

 
<プログラミング例>
「ひみつ道具プログラミングカード」で「ドラえもん」のおしゃべりやしぐさ・設定を自由にプログラミング
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O18-64PfMo9s
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O11-iSWrilM0
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O10-70DvPwk0
言って→右手をあげる
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O17-no3Fdm9l

■ゲームで遊べる
「ドラえもん」がクイズを出題したりアドバイスをしてくれたりと、複数人で一緒に楽しめる5種類のゲームで遊ぶことができます。
①クイズ
〇×クイズやキャラクターにまつわるクイズ、計算クイズなどを「ドラえもん」が出題し、カードを  スキャンして答えます。
②ひみつ道具あつめ
「ドラえもん」が説明したひみつ道具をカードの中から見つけてスキャンするゲームです。
③ラッキーアドバイス
「ドラえもん」の頭をタッチすると、「ドラえもん」がラッキーカラーなどのアドバイスをくれます。
④カウントゲーム
頭の中でカウントして10秒ぴったりで「ドラえもん」の頭をタッチするゲームです。
⑤ものまねプログラミング
「ドラえもん」の動作を見て、同じ動きになるようアクションカードをスキャンするゲームです。

 
※1)「オムニボット」シリーズとは… www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/ 1984年にトミー(当時)から発売した本格的なホームロボットシリーズの総称です。当時から “ロボットとの暮らし”を身近なものにしたロボットを展開、その後も 「アームトロン」「KI・KU・ZO」などトミーロボットシリーズや、オムニボットシリーズの進化版「i-SOBOT(アイソボット)」など、様々なロボットを世に送り出してきました。2014年から、次世代エンターテイメントロボット「Omnibot」シリーズとして新たに展開を開始し、人とのコミュニケーションに特化したパーソナルトークロボット「Robi jr.」、株式会社 NTT ドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS (オハナス)」、プログラミングアプリで動かすことができるダンボールロボットキット「embot(エムボット)」、話しかけると振り向いてこたえてくれる手のひらサイズのドラえもん「こっちむいてDORAEMON」などを発売し、好評を得ています。2014年からこれまでに25種を発売しています。

 
<商品概要>
商  品  名  : 「キミだけのともだち ドラえもん with U」 
希望小売価格  : 19,800円(税抜き)
発売予定日  : 2020年8月8日(土) 
対象年齢  : 6歳以上
商品内容  : 本体(1)、カード一式(ひみつ道具プログラミングカード、○×カード、
プログラムカード、数字カード、条件カード、時間カード)
商品サイズ  : (W)170 mm × (H)172 mm × (Ⅾ)120 mm
重量  : 約550g 
使用電池  : 単3形アルカリ電池×4本  ※電池は別売りです。
                      ※タカラトミー玩具専用ACアダプター「TYPE5U」(別売)をご利用いただけます
販売目標  : 年間3万個
取扱い場所  : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、
        一部の書店、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp/shop/
著作権表記  : © TOMY ©Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK
公 式 H P  : www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/doraemon_withu/

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O12-vxxW3T6i
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003037617-O14-v3KYXE9g

①メイン画像
②タッチセンサー
③人感センサー
④ゆらしセンサー
⑤音声認識
⑳その他4(時計)
⑦バンザイして大喜び
⑨プログラミング用のカード
⑧おどろいてあたふた
⑫プログラミング例_3
⑪プログラミング例_2
⑭生活シーン1
⑯生活シーン3
⑮生活シーン2
⑰その他1
⑥目の表情
⑬カード例
⑩プログラミング例_1
⑲その他3
⑱その他2
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ