プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

OANDA

OANDAが全てのプラットフォームに最先端の新しいChasing Returns機能を追加

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003057728-O1-1TFfefhO

AsiaNet 83181 (0365)

 
【ロンドン2020年3月5日PR Newswire=共同通信JBN】オンラインマルチアセット取引サービスや通貨データ、分析のグローバルリーダーであるOANDAは取引の業績向上のため、全世界の顧客に行動科学研究を利用した拡張機能の提供でダブリンに本社を置くフィンテック企業Chasing Returnsとの提携をさらに強化した。これはリテール顧客にTrading Performance Management Portalへのアクセスを提供するOANDAの受賞実績を持つ取引プラットフォームに、Chasing Returnsのリスク管理テクノロジーを2018年に統合した合意をベースにしたものである。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200302/2733899-1

行動科学に関するChasing Returnsの専門家としての理解を利用して、Trading Performance Management Portalは既に個々の取引習慣に掘り下げた見識を提供している。それによりOANDAの顧客は、ある週の特定の日に、あるいは特定の商品を取引するときに、より良い結果を導き出すかどうかといった自分の行動バイアスをさらに理解し、個人分析の即時的な優位性を得ることができる。いま、新しい合意の下で、OANDAの顧客は以下に記述したAPIやサードパーティー・プラットフォームなど、同社のプラットフォームスイート全体にわたり、より進んだChasing Returnsの機能も利用できるようになる。

*トレーダー個々の成績の心理的側面に重点を置いた、強化された取引インサイトを提供するGameplan Pro
*取引目標を達成するためにトレーダーが事前定義したターゲットを設定できる、新しい目標設定オプション
*トレーダーがリアルタイムでリスクを監視でき、事前定義のテイクプロフィットとストップロスを設定できるPlayMaker
*トレーダーが日毎レコードを記録し、オンデマンドでステートメントをダウンロードできるOANDA Performance Statementsオプション。これにはトレーダーのアカウントヒストリーと共にChasing Returnsパフォーマンスデータと市場インサイトを含む。

OANDAのムフセン・シッディーキー最高経営責任者(CEO)は「真のフィンテック企業であるOANDAは長い間、顧客のさらなる成功を支援するため、最新鋭のテクノロジーを使った最先端ツールへのアクセスを顧客に提供することに専念している。そのため、Chasing Returnsとの間で現在進行している関係を拡大することは当然の選択であり、OANDA Trading Management Portalに新しい特徴と高度な機能を導入する。それは固有の取引バイアスについての理解が行動規律とポートフォリオの収益性の向上へと導く方法を示し、顧客に明らかな価値を提供する」と述べた。

Chasing Returnsのアン・ハントCEOは「OANDAとの関係を拡大し、同社の顧客の成功を支援するために協業して新たな道を探ることを喜んでいる。行動科学をベースにしたわれわれのツールは個々の取引戦略への深いインサイトを提供するよう特に設計されていて、各人がいつ、最大の、あるいは最小の成功を収めるかについて明確な見通しを提供し、最大の成功を収める可能性についての客観的な考え方を彼らに提供できる。これが世界中のOANDAの顧客の取引戦略に競争の優位性をもたらす一助になることを願っている」と述べた。

シッディーキーCEOは「当社の顧客に、さらにインサイト豊かなリスク管理ツールの提供を続けるため、今後数年にわたる提携でChasing Returnsとの基盤をさらに築くことを楽しみにしている」と加えた。

▽OANDAについて
1996年に創立されたOANDAは、インターネット上において為替レートのデータを無料で提供した最初の企業であり、その5年後にFX取引プラットフォームを立ち上げ、ウェブベースの為替取引の開拓に貢献した。今日、同社はオンラインマルチアセット取引や通貨データ・分析をリテールと企業顧客に提供し、外国為替における他社の追随を許さない専門知識を実証している。世界で最も活発な金融市場の6つで認可組織を有するOANDAは、外国為替ビジネスの変革に尽力し続けている。より詳しい情報はoanda.comを閲覧するか、Twitter(https://twitter.com/OANDA )、Facebook(https://www.facebook.com/OANDAfx )、YouTube(http://www.youtube.com/user/oanda )のフォローを。

▽Chasing Returnsについて
アイルランドのフィンテック企業Chasing Returnsは、その営業基盤をダブリンに持つ。同社の最初の製品は2016年に発表され、現在では82カ国で展開している。問い合わせ先はCEOのAnn Hunt、電子メールはann.hunt@chasingreturns.com。より詳しい情報はchasingreturns.comを参照。Chasing Returnsは以下でフォローできる。
LindedIn(https://www.linkedin.com/company/5165136/ )、Twitter(https://twitter.com/Chasing_Returns )、Facebook(https://www.facebook.com/chasingreturns/ )、YouTube(https://www.youtube.com/channel/UC8d1XuFm7qUj7rhG_N-Y09w

ソース:OANDA

添付画像リンク先:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=359331 
(写真説明:損益分析)

損益分析
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ