プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

GlobalDataがファーウェイをデータセンター相互接続のリーダーにランク付け

AsiaNet 83166 (0364)

 
【深セン(中国)2020年3月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*フラグシップ製品のHuawei OptiXtrans DC908は有力ベンダーよりも性能が優れている

情報通信技術(ICT)業界向けのデータアナリティクスおよびコンサルティング企業GlobalDataの最新リポート「Data Center Interconnect: Competitive Landscape Assessment」によると、同社はHuawei OptiXtrans DC908をアーキテクチャー、パフォーマンス、モジュール方式、回路インターフェース、ネットワーク管理のリーダーにランク付けした。Huawei OptiXtrans DC908は新製品ながらも、主要ベンダーをしのいだ。

GlobalDataのプリンシパルアナリストであるエミール・ハリロビッチ氏は「ファーウェイは魅力的な製品によってデータセンター相互接続市場に再参入し、競争をさらに激化させた。Huawei OptiXtrans DC908は、最高のプラットフォーム容量と密度に加え、同じボックスで電気と光のモジュールへのサポートを誇り、幅広い使用事例に適用できる」。

▽アーキテクチャー、パフォーマンス、モジュール方式において

Huawei OptiXtrans DC908は最大9.6 Tbit/sのデバイススループット容量を提供する。

Gbitあたりの電力消費は0.13 W未満であり、光レイヤーおよび電気レイヤーは同じボックス内で一体化されている。

すべてのモジュールはホットスワップ可能であり、15秒以内に交換可能である。

サービスおよびシステムコントロール・ボード、電源サプライ、ファンを含むすべてのボードは、1+1の冗長性をサポートし、データセンターのシステムレベルの柔軟性および可用性要件を満たしている。

この製品は、ETH、FC、SDH、OTNなどのさまざまなサービスインターフェースをサポートし、OTT(オーバーザトップ)、金融、政府、エンタープライズの顧客のさまざまな利用要件を満たす。

▽ラインインターフェースにおいて

Huawei OptiXtrans DC908は波長当たり800 Gbit/sをサポートする。独自のSuper C-Bandテクノロジーによって、Huawei OptiXtrans DC908は、標準的な50 GHzチャンネル間隔によって、Cバンドで120の波長があるシステム容量をサポートする。このようにして、ファイバー当たりの容量は48 Tbit/sを実現し、今後5年間のニーズを満たす。

▽ネットワーク管理において
Huawei OptiXtrans DC908は業界初のAI対応データセンター相互接続製品であり、インテリジェントなO&Mを実装し、ファイバー障害を予測し、さらに正確かつ効果的なトラブルシューティングを実行し、これによってサービス可用性を保証する。

簡略化された光レイヤー設計とWebGUI(ウェブグラフィックユーザーインターフェース)は8分以内の迅速な展開およびサービス開始を実現し、専門的なスキルを必要としない。

2019年12月末時点で、Huawei OptiXtrans製品シリーズは158カ国・地域の3800以上の顧客によって展開され、OTT、政府、エネルギー、輸送、金融、教育のセクターでデジタル変革を実現してきた。

ファーウェイ・エンタープライズ・トランスミッション&ネットワーク部門のプレジデントであるキム・ジン氏は「ファーウェイは今後もHuawei OptiXtrans製品シリーズのイノベーションを促進し、世界のエンタープライズと提携してデータセンター相互接続ネットワークを超ブロードバンドの簡易化されたインテリジェント時代に導いていく」と語った。

詳細な情報はGlobalData report of Data Center Interconnect: Competitive Landscape Assessmentを参照。

https://e.huawei.com/en/solutions/enterprise-transmission-access/data-center-interconnect/globaldata-report

ソース:Huawei

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ