プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicro、屋外用エッジシステムであるIP65セルタワー導入の新しいカテゴリを発表

Supermicro、屋外用エッジシステムであるIP65セルタワー導入の新しいカテゴリを発表

Supermicro、屋外用エッジシステムであるIP65セルタワー導入の新しいカテゴリ、5G Telco、インテリジェント・エッジ、ストリーミングサーバーを発表

AsiaNet 83039

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2020年3月4日PR Newswire】

* 高耐久サーバーは標準のx86プラットフォームをタワー対応のフォームファクタで活用し、データセンタークラスのパフォーマンスを5G無線アクセスネットワーク(RAN)およびエッジに提供

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティング技術の世界的リーダー、Super Micro Computer, Inc.(NASDAQ:SMCI、以下Supermicro)は本日、インテルXeon Dプロセッサーおよび第2世代インテルXeonスケーラブル・プロセッサーと幅広い構成オプションを搭載し、5G無線アクセスネットワーク(RAN)、AI推論、その他インテリジェント・エッジアプリケーション向けの屋外用エッジシステムIP65準拠エンクロージャー構成サーバーを業界で初めて提供することを発表しました。これらの新しいシステムは、過酷な屋外環境に最適で、オープンソースソフトウェアとハードウェア分離が進む業界トレンドを支援します。

CPUオプションに加え、Supermicroの新システムでは、機能拡張のために3つのPCI-Eスロットと併せて、最新のとアクセラレーションを利用しています。これは、GPUカードを介したエッジでのリアルタイムなAI推論や、5G RANソフトウェアへの対応、FPGAアクセラレータカードでのオープンスタンダードのサイト間通信のサポートに不可欠です。SSD、M.2、およびEDSFFストレージ機能により、これらの高耐久サーバーは、キャッシュ化されたメディアコンテンツをローカルに配信したり、ビデオ監視やその他の機密データを保存したりすることもできます。

SupermicroのBuilding Block Solutions(R)を基盤として、これらの5Gシステムはさまざまなプロセッサーとメモリの組み合わせで構成できるため、お客様はソリューションをカスタマイズして、データセンターで行っていたリモート管理をエッジに移行することができます。Supermicroは、Kubernetesをはじめ、一般的な仮想化ソフトウェアやコンテナソフトウェアでも豊富な経験を持ち、効率的な相互作用を促進します。また、NGC-Ready for Edgeのサーバーを複数擁しており、パブリックネットワークとプライベートネットワーク全体にAI機能を拡張できます。

Supermicroは、プロプライエタリではないハードウェアプラットフォームへ移行する業界トレンドと、標準化されたシステムインターフェイスの採用増加に対応しています。SupermicroのO-RAN Allianceへの参加は、4Gから5Gネットワークへの進化のために、クラウドネイティブでオープンな5G RANアーキテクチャーを推進する取り組みをサポートします。O-RAN Allianceに参加して以来、Supermicroは大手通信事業者やソフトウェアスタックプロバイダー数社とリファレンスソリューションを開発してきました。このコンパクトなポールマウント型ソリューションにより、実質スペースを使うことなく適応性のある5Gネットワークを迅速に展開できます。

これらの堅牢なサーバーは、2019年に提供開始しE403-9P-FN2T ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2730648-1&h=4162827280&u=https%3A%2F%2Fwww.supermicro.com%2Fen%2Fproducts%2Fsystem%2FBox_PC%2FSYS-E403-9P-FN2T.cfm&a=E403-9P-FN2T )および1019P-FHN2T ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2730648-1&h=3415989429&u=https%3A%2F%2Fwww.supermicro.com%2Fen%2Fproducts%2Fsystem%2F1U%2F1019%2FSYS-1019P-FHN2T.cfm&a=1019P-FHN2T )たシステムを含む、Supermicroの包括的な5Gおよびエッジコンピューティングポートフォリオを基盤としており、マルチノードのBigTwin(TM)や高密度のSuperBlade(R)など、データセンター向けの高パフォーマンス製品を補完します。それによりMicroBlade(TM)は、仮想化された5Gネットワークコアをサポートすることができます。

Supermicroの社長兼最高経営責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は、次のように述べています。

「Supermicroの高度に構成可能な屋外用のSuperServerは、業界の競合他社に対抗する、前例のない新しい導入オプションをデータセンターと通信事業者に提供します。これらのソリューションは、総所有コスト(TCO)の削減を実現する高性能で効率的なITソリューションとして、Supermicroの市場リーダーシップを今後も牽引していきます。」

詳細については、www.supermicro.com/outdoor-edgeを参照してください。
(以上)

Super Micro Computer, Inc.について
高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(SMCI)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R) のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」 イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

Supermicro、Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc. の商標または登録商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標もしくは登録商標です。

SMCI-F

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1095386/Super_Micro_Computer_5G_edge_server_solution.jpg

報道関係者お問合せ先 Super Micro Computer Inc. 国内広報代理 ホフマンジャパン株式会社 担当: 小嶋 / 佐藤 Tel: 03-5159-5750 Email: supermicrojp@hoffman.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ