プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CROMSOURCE

CROMSOURCEがTechorizonとの共同プロジェクトでデジタル管理の重要なマイルストーンを発表

CROMSOURCEがTechorizonとの共同プロジェクトでデジタル管理の重要なマイルストーンを発表

AsiaNet 83128 (0346)

【ベローナ(イタリア)2020年3月3日PR Newswire=共同通信JBN】CROMSOURCEは3日、顧客向けの臨床研究プロジェクトのデジタル管理で重要なマイルストーンに達したと発表した。2020年2月にCROMSOURCEは、高度なTheClinicalデジタル環境内で管理された1000回目の試験を開始した。Techorizonが開発したTheClinicalは、臨床研究開発プロジェクトのあらゆる側面について効率的なデジタル管理に特化したカスタマイズ可能な統合モジュールで構成されている。

Logo:
https://mma.prnewswire.com/media/1097884/CROMSOURCE___Techorizon_Logo.jpg  

CROMSOURCEの最高経営責任者(CEO)であるオリアナ・ゼルビーニ博士は「デジタル化は当社の労働哲学の重要な基盤であり、長年にわたって投資の重要なソースだ。当社のデジタル技術の採用と開発は、顧客のプロジェクトの効率性、品質、可視性の面で当社の顧客に利益をもたらす」と述べた。

CROMSOURCEの最高執行責任者(COO)であるケリー・ダイソン氏は「当社がすでに評価を得ている柔軟性、経験、顧客フォーカスによる利益を得るため、当社の顧客は通常、最初にCROMSOURCEを検討する。中規模の他のプロバイダーでは一般的ではない統合された社内デジタルサービススイートも当社が提供していることに気付けば、パートナーとしてCROMSOURCEを選択する戦略的な利益は明確になる」と述べた。

Techorizonのマネジングディレクターであるシルビオ・セベリーニ氏は「CROMSOURCE企業グループのメンバーとして、Techorizonは臨床研究に携わるスポンサーとサービスプロバイダーのニーズを正確に反映するデジタルアプリケーションを開発することができた。完全に検証された当社のシステムの成熟度と信頼性は、当社のTheClinical環境で管理されるCROMSOURCEの1000例目のプロジェクトという重要なマイルストーンを達成したことに反映される」と語った。

▽CROMSOURCEについて
CROMSOURCEはISO認証を受けた国際的な受託研究機関で、医薬品、バイオテクノロジー、医療機器業界に包括的なサービスポートフォリオを提供している。臨床開発と人材派遣ソリューションに特化し、クライアントのユニークなニーズ対するサポートを確保するため、柔軟なアプローチを提供する。CROMSOURCEは、試験のタイムライン、患者募集、価格をカバーする全面的保証を提供する点で他に類を見ない。CROMSOURCEは、欧州と北米の全地域で事務所を運営している。詳細については、www.cromsource.com を参照。

▽TECHORIZONについて
Techorizonは、バイオ医薬品および医療機器業界に高度なITソリューションとサービスを提供する技術エキスパートだ。CROMSOURCEの子会社としてTechorizonは、臨床研究プロセスの深い理解と技術的専門知識を組み合わせて、シームレスに統合して臨床開発のあらゆる側面をサポートする革新的でカスタマイズされた技術ソリューションを顧客に提供している。詳細については、www.techorizon.com を参照。

ソース:CROMSOURCE

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ