プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Firetinas

Firetinas:中国でコロナウイルスに立ち向かうAI兵器

Firetinas:中国でコロナウイルスに立ち向かうAI兵器

AsiaNet 83123 (0340)

【上海、揚州(中国)2020年3月2日PR Newswire=共同通信JBN】体温の上昇はコロナウイルスの重要な初期症状ととらえられている。Firetinas (www.firetinas.com )は高熱を発した複数の人を検知するためにケンブリッジ大学とマンチェスター大学の科学者らが開発した最初の人工知能(AI)システムである。Firetinasにはマスクをした顔を認証する高度のアルゴリズムと赤外線による体温測定装置が組み込まれており、現在、中国の病院や学校で幅広く使用されている。コロナウイルスは容易に拡散し、現在のところ依然として有効な治療法がないことから、高熱の人を初期段階で検出することが、中国だけでなく世界各国での大規模な感染拡大を食い止めるために極めて重要な手段であることが立証されている。

Firetinasは毎秒3兆回の計算能力があるNPUを搭載する高性能の集積回路で、広さ1000平方フィートの場所で最大100人を追跡できる。Firetinasは顔認証アルゴリズムを統合してたばこなどのホットスポットによる影響を排除し、人の顔の温度測定をより効果的に行うことができる。さらにFiretinasはマスクの顔認証を99%の精度まで引き上げるためのアルゴリズムを開発し、これにより大規模に流行している場所でマスクを着用していない人に特に警告を発することが可能になる。Firetinasは、初のデュアル黒体ダイナミックキャリブレーションアルゴリズムも開発し、室内環境でセ氏0.1度の精度を達成した。

Firetinasはカメラ、温度センサー、マイクロコンピューター、ニューラルネットワークシステム、2台のブラックボディーが一体化されたオールインワンシステムとして機能する。0.05秒で最大100人の体温を測定し、乗客の顔情報と体温情報をサーバーにアップロードする。これにより群衆から疑わしい人を突き止め、できるだけ早い段階で検疫・隔離することがこれまでより容易にできるようになる。

コロナウイルスは韓国、日本、シンガポール、中東、米国へと急速に広がっており、Firetinasは異常なまでの拡大を食い止めるためにパートナーを求めている。

▽問い合わせ先
Mr. Chen
Tel: +86-4009028002
E-mail: chenshuo@0co2.cn

ソース:Firetinas

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ