プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

アクセス数からみる中古自動車の人気ランキングを発表!

~2019 ワールド・アーバンカーを受賞した「ジムニー」が首位に~

2020年3月3日
NTTレゾナント株式会社

 
アクセス数からみる中古自動車の人気ランキングを発表! ~2019ワールド・アーバンカーを受賞した「ジムニー」が首位に~

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木健、以下NTTレゾナント)が運営する「goo自動車&バイク」において、「中古自動車」(全122種)におけるページビュー数から、中古自動車市場で人気の車種を調査。ランキング形式で発表します(調査期間:2019年1月29日から2020年1月28日)。

1.人気中古自動車ランキング
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003027549-O2-i82Z313l

 1位は、「ジムニー」となりました。「ジムニー」は2018年のランキングでも1位になっています。1970年から発売されているパートタイム4WDシステムの軽自動車であり、「2019 ワールド・アーバンカー」を受賞した車です。「goo自動車&バイク」でも、2018年7月に発表された20年ぶりのフルモデルチェンジから、注目され続けている人気車種となっています。
 2位は、「プリウス」です。数あるハイブリッド車の中でも上位を争う燃費の良さと、耐久性の高さに定評がある車種です。2018年12月にビックマイナーチェンジを実施したプリウスは、「goo自動車&バイク」においても常に注目されています。
 そして3位は、「クラウン」。トヨタの最高級車種クラウンは、1980年代のキャッチコピー「いつかはクラウン」という言葉通り、15代目まで続く現在でも、一貫してトヨタの高級セダンとして走り続けるロングセラーシリーズです。

2.中古自動車の検索ユーザー男女比

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003027549-O1-GoT1iOFZ
 人気中古自動車ランキングTOP5の車種における検索数を、男女比で調査しました。男性の検索数割合が最も多かった車種は、「スカイライン」。車好きを魅了するスカイラインシリーズらしい高級感と、鋭さのあるヘッドライトやバッグランプのスポーティーなデザインが人気の車種です。
 一方、女性の検索数割合が最も多かった車種は「タント」でした。軽自動車の中でも、普通車に引けを取らない室内の広さから、子育てにもピッタリのモデルとして人気のタント。2019年7月にフルモデルチェンジを行い、さらに注目度が上がっています。

3.「goo自動車&バイク」について
 「goo自動車&バイク」は約40万台の中古自動車情報、約11万台の中古バイク情報を全国のディラー・中古自動車・バイク販売店から探せる自動車・バイクのポータルサイトです。
 さらに、現在実施中の「中古自動車Webお問い合わせ限定キャンペーン」では、2020年3月20日(金)までに「goo自動車&バイク」の「中古自動車」でWebから見積もりのお問合せをすると、gooポイント1,000ポイントを獲得できます。「goo自動車&バイク」は、これらの取り組みを通じて、一人ひとりのユーザーが、自分の欲しい車に出会う“きっかけ“を作り、ユーザーの車探しをサポートしていきます。
キャンペーンサイト:https://autos.goo.ne.jp/info/pointcampaign.html

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

中古自動車の検索ユーザー男女比
アクセス数から見る人気中古自動車ランキング
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ