プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

電通デジタル、LINEの法人向けパートナーの認定制度において、「Sales Partner」の全3部門で認定

2020年2月27日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、LINEの法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する
「LINE Biz Partner Program」の「Sales Partner」において、
コミュニケーション部門、広告部門、販促・OMO部門の全3部門で認定
ー「Planning Partner」にも認定ー

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛 以下、LINE)が提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」において、「Sales Partner」の全3部門で認定されましたのでお知らせします。
具体的には、「Sales Partner」の2部門でランクが付与され、「コミュニケーション部門」では「Silver」、「広告部門」では「Silver」、「販促・OMO部門」では一律の「Special Award」に認定されました。また、「Planning Partner」の認定も受けました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002267320-O1-V65avZVa

「LINE Biz Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、サービス販売の「Sales Partner」およびサービス提供の「Technology Partner※」における「コミュニケーション部門」、「広告部門」、「販促・OMO部門」の3部門と、「Planning Partner※」において、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。
※「Technology Partner」の「広告部門」、「販促・OMO部門」および「Planning Partner」は今回のPartner Awardの表彰対象には含まれません。

「コミュニケーション部門」はLINE公式アカウントを中心軸とした広告サービスを、「広告部門」は運用型広告「LINE広告」を、「販促・OMO部門」はLINEを活用した店頭販促ソリューションを対象とし、それぞれ売上実績などの基準をもとに認定されます。
当社は、顧客企業のニーズとLINEの特性を踏まえた適切なソリューションの提案と、広告運用実績が評価され、この度「Sales Partner」において全3部門での受賞となりました。認定パートナーは、そのランクに基づき、新プロダクトの優先案内(広告部門を除く)や営業サポート、LINEのメディアでの紹介や、LINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。

電通デジタルは、電通、電通テックとの3社共同による販促・店頭領域のデジタル・ソリューションをグループ横断で推進するプロジェクトチーム「Boostore(ブーストア)」にて、LINEと連携したソリューションの開発・提供や、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA※1」を活用したLINE広告におけるオンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションの提供、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションが可能になる新規顧客獲得・既存顧客育成支援サービス「BOT BOOSTaR™(ボットブースター)」の開発・提供などを行っています。

電通デジタルは、今後もLINEとの連携を強化し、デュアルファネル®を活用したマーケティング戦略を立案・実施し、顧客企業のマーケティング活動に寄与してまいります。

※1:「STADIA」とは
電通が開発した「STADIA」は、テレビをはじめとする”オフライン”メディアと、スマートフォンやPC上の”オンライン”メディアのデータを統合し、より効率的なマーケティングを実現させるオンオフ統合ソリューションで、2020年02月時点で、約500万台のテレビ(国内最大規模)を対象としてテレビを視聴した人々を推定し、ダイレクトに、リアルタイムに、デジタルマーケティングを行い、統合的に効果測定します。ブランドの認知と行動の断絶をなくし、スムーズな態度・行動変容を促します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ