プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

早稲田大学

エステルからエステルをつくる?!COガスを用いないエステル合成法

世界初・独自の金属触媒を用いたエステル転移反応の開発

2020年2月26日
早稲田大学

エステルからエステルをつくる?!COガスを用いないエステル合成法 世界初・独自の金属触媒を用いたエステル転移反応の開発

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102172/202002267327/_prw_OT1fl_obLE7Ba3.png

早稲田大学理工学術院の山口潤一郎(やまぐちじゅんいちろう)教授らの研究グループは、独自に開発した脱一酸化炭素金属触媒により、芳香族エステルのエステル骨格を異なる芳香族化合物へと移動させるエステル転移反応の開発に世界で初めて成功しました。

これまで遷移金属触媒を用いて芳香族ハロゲン化物から芳香族エステルをつくる場合、過剰量のCOガス(一酸化炭素ガス)を使用する手法が一般的でした。しかし、その毒性と煩雑な操作を必要とする点から一酸化炭素ガスに代わる試薬の開発が望まれており、精力的に研究されています。

今回の研究では、独自で開発したニッケル触媒を用いて、芳香族エステル  (Ar3–COOAr2)からエステル骨格(COOAr2)を取り除いて、別の芳香族化合物(Ar1–X)へと移動させるエステル転移反応の開発に成功しました。芳香族エステルのエステル部位(COOAr2)をそのままエステル化剤として用いることのできるユニークでシンプルな反応です。

今回の研究により、20種類以上の芳香族化合物をエステルへと変換できることがわかっており、有毒ガスを用いない新たな芳香族エステル合成の標準手法を提供することとなります。

本研究成果は、アメリカ化学会誌『ACSCatalysis』のオンライン版に2020年2月25日(現地時間)に掲載されました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002267327-O4-5kVrk4h3

【論文情報】
掲載雑誌:ACSCatalysis(アメリカ化学会誌)
論文名:EsterTransfer Reaction of Aromatic Esters with Haloarenes and Arenols by aNickel Catalyst(ニッケル触媒を用いた芳香族ハロゲン化物またはフェノール類と芳香族エステルとのエステル転移反応)
著者:RyotaIsshiki, Naomi Inayama, Kei Muto, and JunichiroYamaguchi(一色遼大、稲山奈保実、武藤慶、山口潤一郎)
論文公開日:2020年2月25日 (現地時間)(JustAccepted Manuscripts)
DOI:10.1021/acscatal.0c00291
掲載URL:https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acscatal.0c00291

詳細は、早稲田大学ウェブサイトでもご確認いただけます。
https://www.waseda.jp/top/news/68362

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ