プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artprice.com

Artpriceによる2019年 アート市場年度報告書、世界の信頼に基づき過去最高の取引件数 継続的な成長を示す

Artpriceによる2019年 アート市場年度報告書、世界の信頼に基づき過去最高の取引件数 継続的な成長を示す

AsiaNet 82980

パリ、2020年2月21日/PRニュースワイヤー/ —

Artpriceの2019年アート市場年次報告書によると、市場は世界的な信頼に基づき過去最高の取引件数を記録し、継続的な成長を遂げています。中でも特にフランスが好調でした。

アート市場の情報提供で世界を牽引するアートプライス(創立者および監督者Thierry Ehrmann)と、中国の機関パートナー(Wan Jie監督)による強力な提携により、第22回アート市場年次報告書では、2019年1月1日から2019年12月31日の絵画、彫刻、ドローイング、写真、版画、インスタレーションの一般販売に関する国際的な見解をご覧いただけます。

Thierry Ehrmannより:「今日のアート市場は非常に成熟しています。ロンドンと香港の結果から見られるように、市場は政治的不安定に左右されないことがわかります。2000年には世界のアート市場にほとんど姿を見せなかった中国ですが、現在の市場においては、ほぼ3分の1の総価値を生み出しています。 」

Artprice by Art market による第22回年次報告書

この報告書には、Artpriceによるトップ500ベストセラーアーティストおよびトップ100ランキングの結果が含まれています。また、地理的観点(国および主要都市別)による市場の分析、歴史期間および芸術メディアによる詳細、Artpriceの市場の指標について、 そして今日のグローバルアート市場を妥協せずに分析する、8つの主要な章をお届けします。現在、独自のビッグデータおよびAIアルゴリズムに基づき、このような品質の高いマクロおよびミクロ経済メタデータを生成できるものは他に一切ありません。

第22回世界のアート市場における年次報告書は、Artprice by ArtMarketとCisionによって、世界中に独占的に配布しています。両社は、アート市場の情報に特化した、初の国際報道機関を設立しました。Artmarket.comに属するArtpressagency(R)は、アート市場の情報で世界を牽引する存在です。

第22回世界年次アート市場報告書を無料で読む:
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2019

世界各所で記録的な取引数 確かで安定的な成長

アート市場は規模を拡大しており、2019年には世界中のオークションで55万の芸術作品がロットで販売され、合計133億ドルを生み出しました。これは1945年以来、最高の年間販売ロット数であり、史上最大のパブリックアート市場を生み出しました。

投資論理、投機購入、コレクションへの想い、また世界中の新たな美術館とのコラボレーションの需要に押され、世界のアート市場は2019年に大きな盛り上がりを見せ、世界で55万件の取引を遂げました。

この成長の背景には、アート市場に関する情報のアクセスのしやすさ、電子販売の確立(99%の市場参加者はインターネットを介しています)-市場の金融化、若年化が進むアート消費人口の増加(第二次世界大戦後の50万人から、 2019年には1億2,000万に増加)、そして市場の範囲がアジア太平洋地域全体に加え、インド、アフリカ、中東、南アメリカへの拡大したことが挙げられます。

売上高は、世界のアート市場は-14%の縮小をみせました。主な原因は、5,000万ドルを超える傑作の不足と見られます。ただし、売れ残り率は38%と安定性をみせ、全体のアート価格指数は+ 0.48%とこちらも安定的な結果となりました。

「売れ残り率」は、市場が投機モード(20%未満)または信頼低下モード(60%以上)にシフトしていることをすぐに察知できる為、120年間常に注目されてきたことをぜひ思い出してください。著名なアート市場の社会学者、レイモンド・ムーランによると、現在の38%という数値は「理想的な」売れ残り率に近いとのことです。

アート市場の強さは、他にはない広範囲な選択力に関わっており、Artpriceの「適切な作品を、適切な期間から、適切なアーティストによる適切なストーリーで、適切なタイミングで購入する」という言葉を反映しています。

20年以上にわたり、アート市場は非常に大きな成長を遂げてきました

金融市場のように、効率的、流動的、そして透明性のあるアート市場。
多くの国で四半期ごとの経済成長率が1%下回っているなか、繰り返しになりますが、アート市場は、金融市場のように、その効率性、流動性、透明性を確認できます。主要な成長率は、以下の通りです:

-アート市場オークション全体での売上高は、2000年の32億ドルから2019年の133億ドルと、4倍に大伸長

-販売ロット数は、2000年の27万2,000ロットから2019年の55万ロットと、倍増

Artprice100(R)(オールド・マスター、近代、戦後、コンテンポラリーを含む、すべての期間を対象とするグローバル指数)は、2000年1月1 日~2019年12月31日の期間で+396%の増加を示しました。

中央銀行、特にECB は、ほぼゼロに近いあるいはマイナス金利を維持していますが、 Art Marketは率直に申し上げると、強気の姿勢を保っており、Artprice100®仮想指数(すべての歴史的期間を含む)は 2000年から396%の増加を示しています。

インターネット(Microsoftは63億人以上が世界中で繋がっていると推定)は今では世界中のオークションオペレーターの主要かつ決定的なフォーラムになり、すべての大陸で市場をシェアするツールとして使われています。世界の6,300のオークションハウスのうち、現在99%がインターネット上に存在しています(2005年時点ではわずか3%)。

フランス 主要なアート市場でパワーを握るカルテットに参加

フランス はオークション史上最高のパフォーマンスを記録し 、 オークションの売り上げを18%増やしました。2019年には合計8億3,000万ドルで、主要なアート市場のパワーランキングで4位にランクインしました 。ただし、3位の英国に追いつくまでにはまだ長い道のりがあり、英国では年間2.5倍の美術品のオークション売上高を記録しています。

Thierry Ehrmannより:「もしEric TurquinのCaravaggioが、トゥールーズで予定されていたオークションの2日前に非公開ではなく、計画どおりに販売されていたら、フランスの2019年の総売上高は10億近くになっていたでしょう」。

それでもなお、フランスの美術品オークションが本質的に強いのは、元来の国の性質にあります 。2019年に 82,000ロットが販売されたフランス は、米国(99,000ロット)に次ぐ世界第2位の市場でしたが、英国(70,000)および中国(66,000)を上回っています。

フランスは今日、欧州で最も強いオークションハウスを持っております。Artcurialは、現在年間売上高で世界第11位にランクされています。

2019年の一般的な概要

世界のアート市場は、-14%減少となる133億2000万ドル。減少の主な原因は超高価傑作作品 (5000万ドル以上の価値)の提供不足
世界中で販売されたロット数は、過去最高の55万
2019年の平均ロット価格は24,300ドルに到達
メキシコのロット価格は940ドル
販売された全ロットの約90%が、17,000ドル未満で取引
売れ残り率は、38%(3分の1強)と安定
全体の価格指数は+0.48%と安定
コンテンポラリー芸術の物価指数は+4.44%増加

財務成績

リピートセールス*は2000年以降、平均年間純益が+5.51%から+ 8.2%の間で変化している事を示します
20万ドルから100万ドルの価格帯で購入した作品は 、最も影響力のある年間収益をもたらします2000年以降+8.2%

*2019 年にオークションで購入し、2019年にオークションで販売した同じ作品

ソフトパワー

アメリカ(46億ドル)は中国(41億ドル)および英国(22億ドル)を上回りました
中国は、米国(-22%)および英国(-21%)よりも緩やかな修正(-9%)を受けました
アートマーケットの上位3大国は、世界の美術オークションの売り上げの82%を占めています
積極的な成長を遂げた唯一の主要国はフランス:  +18%

オークションハウス

Christie’sとSotheby’sが共に世界のアートオークション市場の54%に強い打撃:それぞれ、36億5,000万ドルと35億9000万ドル

世界のトップ10にランクインした5つの中国のオークションハウスフィリップスは、-11%の縮小にもかかわらず、2018年の年間総計が過去2番目となる優れた結果を公表
Artcurialは世界で11位にランクし、欧州の大手オークションハウスとなりました

アーティストと記録の結果

2019年には、1億ドルを超えるオークション結果は1つだけでした(2018年は2つ)。
クロード・モネの積みわら(1890)は、1億1,070万ドルで市場をピークにさせました。
その値は1986年の前回のオークションに比べて、44倍でした。
クロード・モネは、パブロ・ピカソに次ぎ、趙無極を超え、一般分類の年間のオークション売上高で2位にランクインしました。
ジェフ・クーンズは、ウサギ (1986)が9110万ドルを獲得したときに、「世界で最も価値のある生きているアーティスト」の名声を取り戻しました。
ゲルハルト・リヒターとデビッド・ホックニーは、世界で最も売れている生きてるアーティストであり、それぞれ2019年の年間総額は1億3000万ドルです。

3つの主な傾向

1ストリートアートは、独自のスターを使用して、オークションの表彰台にますます登場しています:Kaws と Banksy。多くのストリートアーティストが、 Invader、Stik、Shepard Fairey、Vhilsなどの販売ランキングに貢献しています。

2アフリカ系アメリカ人とアフリカ出身のアーティストは、美術史と市場で正当な立場を取り戻しています。ケリー・ジェームズ・マーシャルは、Artpriceの総合ランキング で55位になりました。

3香港でのクリスティーのHI-LITEの販売は、21世紀の最初の主要な芸術ムーブメントに名を残しました

The Museum Industry(R)は、アート市場の背景にあり市場を動かす、21世紀の世界経済の現実です

美術館産業の成長も重要な役割を果たしています。毎年700を超える新しい美術館がオープンし、美術館産業は21世紀に世界的な経済を実現しました。2000年~2014年の期間に、19~20世紀間に世界中で設立された総数より多くの美術館が新たにオープンしています。
質の高い美術館を保つことは、アート市場を目覚しい成長を促す重要な要素です。アート市場は現在、成熟しながらも流動的です。

Copyright 1987-2020 thierry Ehrmann www.artprice.com – www.artmarket.com

Artmarketについて:

Artmarket.com は、Euronext Paris、SRD long only および Euroclear によってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF

ArtmarketとArtpriceを動画で見る:https://en.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who’s who (c)内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2019/10/biographie_oct2019_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3000万件以上のアート指標とオークション結果、70万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8000を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artprice by Artmarketによる2019年度グローバルアート市場報告書は、2020年2月に発表されています:
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2019

ArtmarketとArtpriceによるプレスリリースのインデックス:
http://serveur.serveur.com/press_release/pressreleaseen.htm

フェイスブックとツイッターで、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:

https://www.facebook.com/artpricedotcom/ (フォロアー数470万人)

https://twitter.com/artmarketdotcom

https://twitter.com/artpricedotcom

Artmarketとアートプライス部門の仕事や世界観をみる http://web.artprice.com/video 有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く “The Abode of Chaos” (The New York Timesより) https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

L’Obs – 未来の美術館: https://youtu.be/29LXBPJrs-o

https://www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999
(フォロワー数400万人)

https://vimeo.com/124643720

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1093617/Claude_Monet_Haystacks.jpg   
Caption: クロード・モネ – 積みわら (1890)

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1009603/Art_Market_logo.jpg

Artmarket.comをご覧ください。Artpriceへのコンタクトは
コンタクト: ir@artmarket.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ