プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オープンワーク株式会社

就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【男女/文理編】

男子、女子、文系、理系、それぞれの学生の注目企業は?

2020年2月26日
オープンワーク株式会社

OpenWork「働きがい研究所」調査レポートVol.69 「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【男女/文理編】」 ― 男子、女子、文系、理系、それぞれの学生の注目企業は?―

就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:増井慎二郎)は、「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【男女/文理編】」を発表しました。

就職活動は近年売り手市場が続く中、就活ルール廃止による通年採用や増加するインターンの見直し等、新たな試みが始まる一方、企業によって対応に差もあり、新旧交代の過渡期となっています。優秀な学生にいち早く自社を知ってもらうため、学生への早期接触を積極的に行う企業も多く、企業をより深く知るためにOpenWorkを企業研究に活用する学生が年々増加しています。(※)

今回の調査レポートでは、すでに10万人以上の登録がある21卒の学生ユーザーがOpenWorkでどんな企業に注目し、企業研究を始めているのかを調査しました。人気ランキングではわからない、学生が社員クチコミを「実際に調べている」企業にはどのような特徴があるのでしょうか。男子、女子、文系、理系、それぞれの学生が注目する企業を発表します。

(※)OpenWork学生ユーザー数 18卒:約19万名、19卒:約23万人、20卒:約24.5万人

【サマリー】
・男子・文系1位は共にアクセンチュア、女子1位は資生堂、理系1位はソニーという結果に
・すでにOpenWorkに登録している21卒学生ユーザーは107,237名(2020/2/6時点)
・男子:64,562名、女子:42,541名、文系:63,197名、理系:38,875名

 
※詳細は次ページまたは「働きがい研究所」にてご確認ください。
https://vorkers.com/hatarakigai/vol_69

【男女別】就職注目企業ランキング

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002267279-O2-QSiLESgz
高給与で知られるキーエンスが男子学生2位、女子学生1位は資生堂
OpenWorkに登録している21卒学生が検索した企業を集計した今回のランキング。すでに6万人以上の登録がある男子学生の1位は大学別ランキングでも上位に多くランクインしていたアクセンチュア、2位は高給与で知られるキーエンス、3位に日系メーカーからソニーがランクインしました。一方、女子は4万人以上が登録しており、1位は化粧品大手の資生堂がランクイン。また、ANAやJALといった航空会社もランクインしました。それぞれ、どういった働きがいや成長環境があるのか、新卒入社した社員クチコミから見ていきます。

「目標を達成した時や提案した案が採用されて形になる時、感謝される時な働きがいを感じます。得られることは、効率的な仕事のこなし方やゴールまでの逆算思考など。仕事のイロハを学ぶにはもってこいの優良な会社です。社内の風通しはよく非常に働きやすい環境もあります。身につくスキルは、ゴールまでの逆算思考・ヒアリング力・提案力・コミュニケーション力などなど。抽象的な回答になりますが、仕事の基本を教えてくれます。効率を重視する会社なので、その考え方を仕事をしながら学ぶと言う意味でも良い環境です。(営業、男性、キーエンス)」

 
「技術レベルも高く自ら主体的に動ける人は、若いうちから多くのチャンスを得ることができ、海外赴任や重要なポジションを任せられることも多い。その上で期待に応えてさらなる成果を出すことによって年齢に関係なく上位に上がるチャンスはあると感じる。(ソフトウェア開発、男性、ソニー)」

「年功序列の従来的組織であったが、近年は外資系企業からの中途社員、海外からの人材が重要なポジションにつくなど、新しい血を積極的に取り入れようとしているのが伺える。また化粧品会社らしく女性の意見は尊重される傾向にあり、要職に就く女性社員も多い。語学含む研修やセミナーなどの機会は多く、人材の育成、能力開発への投資は多いと思われる。(クリエイティブ部門、女性、資生堂)」

「この仕事に就かなかったら行くことのなかったであろう場所に国内国外共に多く赴き、経験を積むことができる。また、様々な人と接することで気付きが多くある。常に習熟が続くので緊張感を持ちながらステップアップできる。エコノミークラスからビジネスクラス、ファーストクラスと業務できる範囲が広がったり、パーサーやチーフパーサーとしてクラス責任者もしくは便の責任者としてCREWをまとめる立場となる。(客室乗務員、女性、全日本空輸)」

 
【文理別】就職注目企業ランキング

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002267279-O1-01W6piTU
文系が注目するニトリ、大手志向が強い理系
6万人以上の登録がある文系学生の注目企業ランキング4位には小売りからニトリがランクインしました。また、不動産業界では三井不動産が6位にランクインしています。理系学生の登録は3万8千人以上となっており、1位にソニー、2位にNTTデータ、3位に日立製作所がランクインしました。理系学生の注目企業ランキングはその他トヨタやパナソニック等大手メーカーが多くランクインしており、大手志向の強さが伺える結果となりました。

「私は商品改良の声をあげるとすぐに改良されることが楽しかった。企業風土でもあるが現状否定が染み付いており、商品だけではなく、システムや店舗のレイアウト、全てに声を上げることができる。顧客起点で物事を考えて、より良いものを作り上げること、これが働きがいであった。配転教育を謳っており、基本的に2年で店舗や部署が変わる。様々な経験は他の会社よりもしやすいことは間違いない。しかし評価が悪いと配転が少なくなることや、人気のないエリアだと異動が減るため他の人より不利なところがある。(店舗運営部、女性、ニトリ)」

「定期的に上司との面談があり、その際に過去の実績に対しての上司からの評価を聞くことができる。ざっくばらんに意見交換ができるため、その後の業務に大変役立つ。普段から上司や人事とは職務に関して意見を交換できる状態で、自分の希望等を伝えることができる。大きなプロジェクトの契約やフォローアップすることができるので、仕事に対してやりがいを感じることできる。失敗することもあるが、上司や同僚がフォローしてくれることも多く、失敗を恐れずにチャレンジすることができる環境で仕事ができ、過去を振り返ると自分が成長していることを感じることができる。(法人営業、男性、三井不動産)」

「平均年齢が若いこともあり、早い段階からリーダーの役割を任されることが多いです。小規模システムであれば入社2〜3年目でチームリーダー層となり、経験を積むことができます。また、社内公募やNTTグループ内公募の制度もあるため、やる気次第でキャリアアップを図ることができます。(SE、女性、NTTデータ)」

「若手は入社後すぐに大きなプロジェクトを任されることが多くやり甲斐を感じる。一方でプレッシャーも大きいためセルフコントロールが重要となる。また、良くも悪くも個人主義な雰囲気の職場であるため、自分で率先して行動する癖が身につく。若手は積極的に海外の学会や展示会に行かせて貰えるため、語学スキルなどの面で成長の機会は多い。(研究開発、男性、日立製作所)」

対象データ 
OpenWork21卒学生ユーザー107,237名(2020/2/6時点)に限定し検索企業を集計しました。
・男子:64,562名、女子:42,541名、文系:63,197名、理系:38,875名。

【OpenWork働きがい研究所について】
オープンワーク株式会社が、働きがいの向上のために、個人・企業・社会などの視点から働きがいについて調査・リサーチを行うためのプロジェクトです。2014年3月よりスタートしました。

【OpenWorkについて】
OpenWork(オープンワーク)では、実際に働いた経験に基づく「社員・元社員の声」を共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(900万件超)が蓄積されており、会員数は約340万人(2020年2月時点)となっています。私たちは、企業の労働環境をよりオープンにしジョブマーケットの透明性を高めることで、健全な雇用環境の発展に貢献するとともに、企業と個人のより良いマッチングをサポートし、一人ひとりが自分らしく生きることを応援したいと考えています。

【オープンワーク株式会社 会社概要】
商号: オープンワーク株式会社
代表者: 代表取締役 増井慎二郎
所在地: 東京都渋谷区渋谷3-6-3渋谷363清水ビル11F
     「OpenWork(オープンワーク)」(https://www.vorkers.com/)の企画運営
資本金: 6億4500万円

OpenWork文理別ランキング
OpenWork男女別ランキング
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ