プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トリナ・ソーラー(Trina Solar Co., Ltd)

トリナ・ソーラーの世界的モジュール出荷が2019年に10GW突破

トリナ・ソーラーの世界的モジュール出荷が2019年に10GW突破

AsiaNet 82983

【常州(中国)2020年2月24日PR Newswire】Trina Solar Co., Ltd.(トリナ・ソーラー)の世界的な太陽光発電(PV)モジュール出荷が2019年、年間10ギガワット(GW)の新たなマイルストーンを超えた。PV InfoLinkが公表した2019年のモジュール出荷順位によると、トリナ・ソーラーは上位3社に入り、この部門で世界の主導的地位を維持した。

同社は2019年、N型単結晶とN型cast-mono i-TOPCon(キャストモノ量産型トンネル酸化膜パッシベーションコンタクト)太陽電池の変換効率世界記録を破り、マルチバスバー、両面ガラス、両面受光型、その他の先進モジュール技術を促進し続け、技術的優位性でPV産業をリードしてきた。8月には、業界の傾向に沿って210ミリメートルソーラーシリコンウエハ(210モジュール)を使用するモジュールの開発に乗り出した。数十年にわたる研究開発と製造の経験に基づき、同社は大型モジュール用の独自の3分の1カットセル・マルチバスバー・デザインを導入した。初の210モジュール試作品は2020年初めに製造ラインを離れ、大型モジュールの製品化時間を大幅に速めた。

同社のTrinaProソリューション事業は2019年に急速に成長した。TrinaProはトリナ・ソーラーの高効率モジュールのセレクションが特徴で、インテリジェント両面トラッカーアルゴリズム、1500Vのインテリジェントインバーターとの組み合わせにより、全体的なシステム効率を効果的に高め、電力の均等化発電原価を引き下げ、世界中の顧客の支持を得ることができる。TrinaProソリューションの2019年第3四半期までの売上高は2018年全体の数字の5倍以上になった。TrinaProは青海ゴルムド・ソーラーパークやチリのマルチウエのPV施設を含め2019年中に稼働した複数のPV施設で利用され、優れた発電とシステムの信頼性で所有者の高い評価を得ている。

同社は2019年に中国の浙江省義烏、江蘇省宿遷でGW級の高効率太陽電池・モジュール生産施設の建設に投資し、プロジェクトの第2期の枠組み協定に調印、2020年に完成すれば、同社の生産力を大きく拡大する。

トリナ・ソーラーのイン・ロンファン副総支配人兼執行副社長は「トリナ・ソーラーのモジュール・ソリューション事業が再び出荷の面で目覚ましい数字を達成し、世界中の顧客に評価されたことは喜ばしいことです。2020年にトリナ・ソーラーはモジュールとトラッカーの事業を発展させ続け、同時にスマートエネルギー・ソリューションの幅と多くの下流部門プロジェクトを拡大します。PVと蓄電の一体化にも大きな潜在力を期待しており、予想される需要に応えるための研究開発(R&D)への投資を開始しました。グリーンエネルギー利用の重要なプレーヤー、推進者として、トリナ・ソーラーは絶え間なく成長し続け、世界中の顧客に高品質の製品とサービスを提供していきます。」と語った。

画像:https://www.trinasolar.com/sites/default/files/067_4972_h_1.jpg
(写真説明:トリナ・ソーラーの世界中へのモジュール出荷が2019年に10GWを突破し、この部門で世界の主導的地位を維持した。)

■トリナ・ソーラーについて
トリナ・ソーラーは、太陽光エネルギーのトータルソリューションの世界有数のプロバイダーです。1997年の創立以来100以上の国と地域に事業を展開しています。当社は、太陽電池モジュール、蓄電システム、スマートPVシステムおよびスマートO&Mの開発と共に、プロジェクト開発、資金調達、設計、施工、建設、O&Mなどのための独自のシステム統合ソリューションをお客様に提供しています。2017年末までに、世界中で30 GW以上の太陽光発電モジュールを出荷し、2 GWのソーラープロジェクトを世界中の送電網に接続しました。

トリナ・ソーラーは、2018年にエネルギーのIoT(モノのインターネット)ブランド"Trina IoT"を立ち上げ、この分野の グローバルリーダーになるべく全力で取り組んでいます。 詳細については、www.trinasolar.com をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ