プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

(株)明治 賞味期限「年月日」から「年月」表示へ取り組みを拡大

食品ロス削減や物流効率化に向けて 100品目以上を対象に順次拡大

 
2020年2月25日
食品ロス削減や物流効率化に向けて (株)明治 賞味期限「年月日」から「年月」表示へ取り組みを拡大 100品目以上を対象に順次拡大

株式会社明治(代表取締役社長:松田 克也)は、賞味期限が1年以上の家庭用商品(常温・冷凍商品)100品目以上を対象に、賞味期限の表示を「年月日」から「年月」表示へ変更する取り組みを2020年
2月より順次拡大してまいります。あわせて、賞味期限の延長を行います。
「年月」表示への取り組みを拡大することで、サプライチェーン全体での食品ロスの削減に貢献するとともに、物流の効率化などに寄与してまいります。

2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」では、食品ロスに関して、2030年までに1人あたりの食品廃棄量を半減させることが盛り込まれました。さらに昨年10月から「食品ロス削減推進法」が施行するなど、食品ロスに対する関心が高まっています。一方で、日本の食品ロスは年間約643万トン※といまだ多くの食品が廃棄されており、食品ロスの削減は重要な社会課題となっています。
※平成28年度農林水産省推計

当社はこれまで、チョコレートや乳児用液体ミルクなど一部商品にて「年月」表示を行っておりました。
今回、対象商品を100品目以上増やし、本格的に賞味期限の「年月」表示化を進めてまいります。その第一弾として、2020年2月よりプロテイン粉末「ザバス」の賞味期限を「年月」表示に変更します。今後も順次「年月」表示へ切り替え、2020年度中の移行完了を目指します。
 
 当社は今後も、持続可能な社会の実現に向けて社会課題の解決に貢献してまいります。

■賞味期限表示例
【変更前】「年月日」表示の一例    【変更後】「年月」表示の一例

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002217150-O3-ao8dQUr8】   【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002217150-O4-4d22B237】                                 

 

 

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ