プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ジョー・ニンブル(Joe Nimble)

ジョー・ニンブルがミシュランとのコラボによる高機能ランニングシューズを発売、市場に革命を起こす

ジョー・ニンブルがミシュランとのコラボによる高機能ランニングシューズを発売、市場に革命を起こす

AsiaNet 82988

ルートウィヒスブルク(ドイツ)、2020年2月24日/PRニュースワイヤー/ —
現代の靴に締め付けられた足を開放するというジョー・ニンブル(Joe Nimble)の使命は、新たなレベルに到達しています。この先進的ブランドはミシュランソール(Soles by Michelin)との提携でニンブルトウズ・アディクト(nimbleToes Addict)を発売しました。ランニングシューズに革命を起こすコラボです。

ジョー・ニンブルのトウフリーダム(toefreedom)(R)のデザイン哲学と40年の経験によりできたシューズには、リー・サクスビー(生体力学者、ランニングコーチ、ファンクショナル・フットマップ(Functional FootMap)開発者)の生体力学的コンセプトに基づき、路上長距離走における高い安定性、耐久性、静止摩擦を求めて作られたミシュランのアウトソールが使われています。

1月のISPOにおけるランナーズ・ワールド・ランニング・シンポジウム(Runners World running shoe symposium) では、現在のクッション材の考え方は今や時代遅れだとするベンノ・ニグ(ランニング生体力学の第一人者)の論文について業界リーダーらが議論を交わしました。

長年ランニングシューズは運動制御に基づいて販売されていましたが、今ではそれが怪我の防止で最重要であるとは考えられていません。本当に重要なのは快適性です。

ジョー・ニンブルは他に先駆けてランナーのニーズに耳を傾けており、開発チームは足の疲労や膝痛などよくあるトラブルを防ぐシューズのデザインにたゆまぬ取り組みを行っています。

ジョー・ニンブルの代表でファンクショナル・フットウェアのデザインコンセプト開発者であるセバスチャン・ベーアは、「本来の足の形は非対称で、昔から常に左右対称の形になっている現代のランニングシューズとは異なります」と説明しています。つまり、つま先は足を支えて安定させることができず、これが痛みやランニングテクニックの非効率を引き起こす根本的原因なのです。

業界の先を行くニンブルトウズ・アディクトは、かかとで着地する「ヒールストライカー」の95%にファンクショナル・フットウェアのメリットをもたらすジョー・ニンブル初のランニングシューズです。

「前は幅広で、前足を支えて安定させるつま先部分はフラット、そして親指本来の機能をサポートします」と、セバスチャンは付け加えます。

実績あるジョー・ニンブル・トウフリーダム(R)のメリットに基づき、解剖学的に計算したつま先と高さゼロのヒールが最高レベルのミッドソールプロテクションと相まって、アマチュアロードランナーに最適です。

より長距離で少ない痛み(More miles, less pain)が同ブランドの基本方針であり、ニンブルトウズ・アディクトはランナーが快適性を犠牲にすることなく走破できるようにします。
常にトレンドを作り出す同ブランドは、インディーゴーゴー(Indiegogo)のプラットフォームでクラウドファンディングのキャンペーンを立ち上げるとの意識的決断を下しました。セバスチャンは次のように説明します。「当社はシューズ開発中でさえユーザーからの書き込みやフィードバックに大きな信頼を置いていました。ユーザーの価値ある洞察のおかげで、完璧なランニングシューズである今日のニンブルトウズ・アディクトが出来上がりました。開発を手伝ってくれた人々に最初に使ってもらうのは、当然のことです」

ニンブルトウズ・アディクトは現在インディーゴーゴーのクラウドファンディングのみで白とグレーを販売しており、限定300足が早期割引価格で予約可能です。

https://www.indiegogo.com/projects/functional-footwear-nimbletoes-addict

編集者への注:
ドイツのシューズブランドであるジョー・ニンブルは、ファンクショナル・フットウェア(高機能シューズ)の第一人者となりました。同ブランドの基盤は、厳しい耐久レースの直接経験を超える知識を持つ専門家を中心にして築かれました。

トウフリーダム(R)の開発で、ジョー・ニンブルはシューズ革命の先端にいます。「より長距離で少ない痛み(More miles, less pain)」をスローガンに掲げ、ジョー・ニンブル製品はランナーの痛みを減らして最高の成績を上げるのに貢献しています。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1094006/nimbleToes_Addict.jpg  
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1094005/nimbleToes_Addict.jpg  
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1094007/Joe_Nimble_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ