プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEが新しい1U 5G IPRAMオールインターフェース製品を発表

ZTEが新しい1U 5G IPRAMオールインターフェース製品を発表

AsiaNet 82992 (0275)

【深セン(中国)2020年2月24日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者技術ソリューションの大手国際プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は24日、コンパクトでインテリジェントな新しい5G IPRANアクセスデバイス、ZXCTN 6120H-Cの発売を発表した。

この1Uサイズのデバイスは奥行き300 mmの標準的なキャビネットに設置でき、25GE/50GE/100GEのさまざまなインターフェースを提供する。最大320Gの片方向スイッチング能力により、マイクロ秒レベルの超低フォワーディングレイテンシーと「3A」の超高精度な時間同期をサポートするため、機器のルームスペースが小さくて供給電力が不十分な状況の中、オペレーターが低コストで5Gトランスポートネットワークを効率的に展開することを支援する際に特に適している。

この新しい5G IPRANアクセスレイヤー製品は25GE/50GE/100GEのインターフェースをサポートし、5Gのフルライフサイクル要件に適合している。その片方向スイッチング能力は320Gbpsに達し、5G時代のユーザーの大容量アクセス要件を満たすことが可能だ。

このデバイスはFlexEテクノロジーをサポートするため、マイクロ秒レベルのデータフォワーディング・レイテンシーであるL1スライシングチャンネルが実現し、低レイテンシーと信頼性の高いサービスに向けてハードスライスを提供する。また、それに加えてSRをサポートする。ZTEの中核的なインハウス・チップセットをベースに、そのスタック深度は業界最高レベルの10レイヤーに及ぶ。

また、ZTEが自社開発した超高精度「3A(Accurate Time Source、Advanced Time Stamp、Self-Adaptive Time Algorithm)」の時間同期もサポートし、屋内での高精度位置サービスと屋外でのシームレスな位置サービスをサポートする。高さが僅か1Uで奥行きが270 mmなので、小型、軽量そして簡単な設置というメリットがある。そのため、このデバイスは厳しい建設条件、小さなスペース、予算的な制約というシナリオにおいて、オペレーターにとってのより良い選択となる。

ZTEは、高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズテクノロジーソリューションを消費者、オペレーター、企業、公共セクターの顧客に提供するプロバイダーである。ZTEの戦略の一環として、同社は通信と情報技術のセクターが融合するのに伴い、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、卓越性と価値を生み出している。香港および深センの証券取引所に上場(H株コード:0763.HK/A株コード:000063.SZ)するZTEは、160カ国以上で製品とサービスを提供している。

▽メディア関係問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ